安斉かれん、「美少女戦士セーラームーン」に憧れた少女時代 「完全に“なりきり”でした」

ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)のアユ役で一躍脚光を浴び、注目の存在となった歌手・安斉かれん。7月22日に配信リリースした新曲「僕らは強くなれる。」も絶好調の彼女の魅力を解き明かすインタビューシリーズ。2回目は「子どもの頃の思い出ソング」を紹介してもらい、曲にまつわる思い出を聞かせてもらった。

「美少女戦士セーラームーン」が大好きだった少女時代【写真:本多元】
「美少女戦士セーラームーン」が大好きだった少女時代【写真:本多元】

【特集 安斉かれん】独占インタビュー(2) 「子どもの頃の思い出ソング」は…

 ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)のアユ役で一躍脚光を浴び、時代のアイコンとして注目される存在となったアーティスト・安斉かれん。7月22日に配信リリースした新曲「僕らは強くなれる。」も絶好調の彼女の魅力を解き明かすインタビューシリーズ。2回目は「子どもの頃の思い出ソング」を紹介してもらい、曲にまつわる思い出を聞かせてもらった。

――今回から安斉かれんが“ガチ”で選んだ思い出の曲を紹介してもらい、その曲にまつわる昔話を聞かせてもらおうと思います。

「はい。ガチで選びました(笑)。よろしくお願いします」

――今回のテーマは「子どもの頃の思い出ソング」です。さてどんな曲を選んでいただいたでしょう?

「はい。私が選んだのは『美少女戦士セーラームーン』の主題歌『ムーンライト伝説』です」

――セーラームーンが大好きでしたか?

「はい。リアルタイムじゃなかったんですけど、専門チャンネルで放送していて、それをずっと見ていました。『プリキュア』も見ていましたけど、1番好きだったのは『美少女戦士セーラームーン』です。両親に衣装やおもちゃを買ってもらって、完全に“なりきりセーラームーン”でした(笑)。ほんと大好きだったんですよ(笑)」

――テレビの前で歌っていました?

「もちろん。家族でカラオケに行くといつも歌っていました(笑)。そういえば小学生低学年ぐらいのときに地元のカラオケ大会があって、みんなが歌っているのを見ていたら、つい私も歌いたくなって『歌いまーす!』っていきなりステージに上がって1人で歌っちゃったんです(笑)」

――飛び入り参加(笑)。

「そうです。それで、『ムーンライト伝説』を歌ったんですけど、2番の歌詞が出てこなくておどおどするという(笑)」

――アハハ(笑)。それじゃあ結構、活発な子だったんですね?

「それが全然活発ではなかったんです。たぶんセーラームーンにだけ反応したんだと思います(笑)」

――たまたまそこにスイッチがあったんだ。でも改めて歌詞をチェックすると「純愛ソング」ですね?

「そうそう。大人っぽいですよね。いきなり『ごめんね~♪』ではじまりますから(笑)。でもかわいい!」

□安斉かれん 1999年生まれ。神奈川県藤沢市出身。「ポス(ポストミレニアル)ギャル」と呼ばれる次世代型ギャルの一人。渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きながら、デビュー前から多くのファッション・メディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用される等、徐々に注目を集める。令和元日の2019年5月1日「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でavexよりデビュー。20年7月22日、5th SINGLE「僕らは強くなれる。」配信リリース。

次のページへ (2/2) 花柄ミニスカートでポーズをきめた全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください