100点も夢じゃない!? 「home」の木山裕策が“カラオケ採点攻略法”を伝授

新型コロナウイルスは現在も世界で猛威を振るっているが、日本では緊急事態宣言が解除され、徐々に“日常”が戻りつつある。東京都も、緊急事態宣言解除後の6月2日から出されていた「東京アラート」を11日に解除。感染防止に細心の注意を払いながらカラオケ店などがようやく営業を再開した。

木山裕策【写真:荒川祐史】
木山裕策【写真:荒川祐史】

ヒット曲「home」を歌いながら解説、「しゃくり」は「うまく聞こえる“気がする”」!?

 新型コロナウイルスは現在も世界で猛威を振るっているが、日本では緊急事態宣言が解除され、徐々に“日常”が戻りつつある。東京都も、緊急事態宣言解除後の6月2日から出されていた「東京アラート」を11日に解除。感染防止に細心の注意を払いながらカラオケ店などがようやく営業を再開した。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 そんな中、2008年に「home」を大ヒットさせた木山裕策(51)は、コロナ禍で著名人とファンを繋ぐサイト「HEARTS AS ONE 今こそひとつになろう」の公式YouTubeチャンネルで「カラオケで高得点を出す秘訣」を解説。動画で実際に美しい歌声を披露しながら、満点を取った自身の経験も踏まえて“カラオケ採点攻略法”をファンに伝授している。

 木山は動画の中で「カラオケで高得点を出せる方法をちょっとだけコツをお伝えしようかな、なんて思います」と“レッスン”を開始。カラオケの採点では、多くの人が「うまく聞かせたいというのが先行しちゃって、技に走りがち」だと指摘した上で、「高得点を取る場合は音程をちゃんと取らないといけない。基本中の基本なんですよね」としている。

 そして、自身のヒット曲「home」を歌いながら、わかりやすく説明。特に「しゃくり」という“テクニック”については「それをやるとうまく聞こえる“気がする”んです」としながら、「ただ、そうやってしまうと本当の音まで上がりきらずに、下の音程で判定されちゃうから音程を外しちゃう。カラオケの機械だからそんなことが起きちゃいます」と「かなりデフォルメ」した「しゃくり」満載の歌い方を実演している。

次のページへ (2/3) どうすれば高得点が出る? 「最後に必ず言うことなんですけど…」
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください