山崎育三郎、12月2日に新曲を発売 「エール」きっかけで森山直太朗が作詞・作曲担当

俳優の山崎育三郎が、12月2日にニューシングル「君に伝えたいこと」を発売るすることが分かった。作詞・作曲は歌手の森山直太朗が担当することも発表された。

山崎育三郎
山崎育三郎

朝ドラ「エール」のメーク室での会話をきっかけにコラボが実現

 俳優の山崎育三郎が、12月2日にニューシングル「君に伝えたいこと」を発売るすることが分かった。作詞・作曲は歌手の森山直太朗が担当することも発表された。

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「エール」の佐藤久志役や、今夏の大ヒットドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)で多喜川薫役などを熱演するなど、ドラマ・映画・ミュージカル・ラジオなどで大活躍中の山崎が、ニューシングルを発売することを自身の公式ページで発表した。

 新曲は「エール」のメーク室での会話をきっかけに、山崎と森山が意気投合し、でき上がった楽曲。大切なものへの決別と感謝の旋律を森山が紡ぎ、山崎がその甘くも切ない歌で表現するという、珠玉のバラードとなっている。

 なお、11月7日に日本武道館にて行われる「山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館」には、ゲストに森山を迎える。2人の歌声や掛け合いが期待される。

 山崎は「朝ドラで僕の恩師を演じる直太朗さんに声をかけて頂いたことから全てが始まりました。初めて楽曲を聞いた時は、どこか役として重なる瞬間があり、涙があふれました。そして今回直太朗さんには、これまでにない自分を引き出して頂き、裸にされたような感覚です。この音楽制作で、等身大の自分とは何か、しっかり向き合う時間となりました。今この時代だからこそ生まれた伝えたいこと。是非聴いてください」とコメントした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください