TBS新人アナが「お笑いの日2020」で地上波デビュー ダウンタウンといきなりの共演へ

TBSは26日午後2時から「お笑いの日2020」を放送する。ダウンタウンが総合MCを務め、お笑い芸人がネタを披露する企画だけの番組を8時間にわたって生放送。同番組内で新人アナウンサーの齋藤慎太郎(さいとう・しんたろう)と野村彩也子(のむら・さやこ)の2人が地上波デビューすることが分かった。

新人アナが地上波デビューで「ダウンタウン」と共演【写真:(C)TBS】
新人アナが地上波デビューで「ダウンタウン」と共演【写真:(C)TBS】

2人は「ザ・ベストワン」で山本アナとともに進行役を務める

 TBSは26日午後2時から「お笑いの日2020」を放送する。ダウンタウンが総合MCを務め、お笑い芸人がネタを披露する企画だけの番組を8時間にわたって生放送。同番組内で新人アナウンサーの齋藤慎太郎(さいとう・しんたろう)と野村彩也子(のむら・さやこ)の2人が地上波デビューすることが分かった。

 初の番組出演でいきなりダウンタウンと共演することになった2人。齋藤は「ダウンタウンさんがいらっしゃると伺ったときから緊張しています。思ったより進行させていただく部分が多く、内容を聞いてさらに緊張感が高まりました。今まで以上にバラエティを研究して、ミスしないように頑張ります」と話した。

 そして、野村は「初めての生放送で、ダウンタウンさんとご一緒させていただけるだけでなく、進行の大役までいただいて驚いています。まったく未知の領域ですが緊張にとらわれ過ぎず、楽しく臨みたいと思います」と意気込みを述べた。

「お笑いの日2020」では、ベストな芸人がベストワンなネタを披露する「ザ・ベストワン」、そして今年のコント日本一が決まる「キングオブコント2020」などTBSが誇るお笑い番組や、音ネタ芸人たちが笑いと音楽を融合させたネタを繰り出す「音ネタFES」など新企画を取りそろえて、8時間通しての放送となる。

「ベスト・オブ・ザ・ドリームマッチ」では山本里菜アナと新人アナ2人が進行役で出演。同企画では芸人たちをシャッフルして新コンビを結成し新ネタを披露する「史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ」のこれまでの放送から、今勢いに乗っている第7世代の芸人たちが衝撃を受けたというネタをピックアップして紹介していく。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください