濱田岳が働かない人々の生態描くドラマに主演 会社員の「あるあるが詰まっている」

俳優の濱田岳が8月26日にスタートするテレビ東京系ドラマ「働かざる者たち」(水曜深夜0時58分~)に主演することが27日、分かった。

「働かざる者たち」に主演する濱田岳【写真:(C)「働かざる者たち」製作委員会】
「働かざる者たち」に主演する濱田岳【写真:(C)「働かざる者たち」製作委員会】

8月26日スタートのテレビ東京系ドラマ「働かざる者たち」をPR

 俳優の濱田岳が8月26日にスタートするテレビ東京系ドラマ「働かざる者たち」(水曜深夜0時58分~)に主演することが27日、分かった。

 原作は小説投稿サイト・エブリスタで連載され、小学館クリエイティブから単行本が発行された、サレンダー橋本による同名作。働かない人たちの生態を描き、SNSでは「刺さる」「身につまされる」と反響を呼んでいる話題作のドラマ化となる。主人公は「毎産新聞社」の入社7年目のシステム部社員の橋田一。自身も副業の同人漫画の執筆に精を出す日々を送っている中、出世をあきらめた勤労意欲のない社員たちにほんろうされるうち、自分の人生はこのままでいいのかと自分の働き方、生き方を模索していく姿を描く。

 濱田は「僕はまだ会社員になったことがないので、スタッフさんたちに本当にこういう人がいるんですか?と聞いたら、世の中のあるあるですって言っていて、世の中はこんなに面白い人たちがあふれているんだなぁと思いました。ダメな人たちって思われがちですけど、このドラマでは、どこか人間的に愛きょうがあって、どこか許せない人物像になったらいい」とコメントした。

 また、濱田は、演じるキャラクターについて、常にブレブレで、働かないおじさんたちにも振り回され、ブレてしまう心のピュアな男と紹介。そんな男だからこそ、働かないおじさんを、はなから嫌わず、いいところを見つけ出そうとする素敵な男だとした。

 最後は、「会社勤めをされている方は本当にあるあるが詰まっているというか、共感できるところがたくさん盛り込まれていると思います。会社でのストレスを僕らのドラマにぶつけていただいて、つらかったことをちょっとでも笑いに変えてもらえたら、撮影しているこの努力が報われると思います。遠慮なく働かないおじさんたちを馬鹿にして楽しんで頂けたらすごくうれしいです」とPRした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください