『不適切にも』最終回、衝撃ラストに“意味深”な仕掛けが「秀逸すぎ」「これは唸った」

俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の最終回が29日、放送された。ラストのテロップ演出に称賛の声が上がっている。

タイムトンネルをのぞく市郎(阿部サダヲ)【写真:(C)TBS】
タイムトンネルをのぞく市郎(阿部サダヲ)【写真:(C)TBS】

「2024年当時の表現をあえて使用して放送しました」とテロップ締め

 俳優の阿部サダヲが主演を務めるTBS系連続ドラマ『不適切にもほどがある!』(金曜午後10時)の最終回が29日、放送された。ラストのテロップ演出に称賛の声が上がっている。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、阿部サダヲ演じる昭和のおじさん・小川市郎が、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂する。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。宮藤官九郎氏が脚本を務めている。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 タイムマシンバスが運行できるのも残り1往復。ついに昭和に戻る決心をした市郎(阿部サダヲ)は、令和での身辺整理を着々と進めていた。最後のタイムスリップは落ち込んでいる渚のために使おうと決めた市郎は、秋津(磯村勇斗)やゆずる(古田新)、井上(三宅弘城)らに別れを告げ、渚と共にバスに乗り込み昭和へ向かうのだった。

 昭和に戻り、すっかり真面目な受験生となった純子(河合優実)に再会した市郎。だが、変わったのは純子だけではなく、令和になじんだ市郎の内面もまたアップデートしていた。昭和マインド全開の中学校の在り様に疑問を持ちつつ、これから起こる自分たちの未来について思いをめぐらした市郎は、井上にタイムマシンを発明するように説得する。

 そして春を迎え、純子は大学生になっていた。市郎は喫茶店「すきゃんだる」で愚痴を言っていると、トイレで何やら物音が。「ネズミ?」と近づくと、壁をくり抜いて出てきたのは年老いた教え子の井上(小野武彦)だった。

 井上は「やっと会えた」と喜ぶが、市郎は「じいさんが、あの井上?」と戸惑う。すると井上は「2054年からきました。タイムトンネルを発見したんです。佐高くんがお金を出してくれまして、研究に研究を重ね、バスと違って好きな時代に行けるんです」と説明した。市郎は過去にタイムトンネルでタイムスリップしたことを思い出していると、井上が「さあ、好きな時代にいきましょう!」と叫び、トンネルの奥へと立ち去っていった。

 一度はためらう市郎だったが、体を入れてトンネルの中に入っていった。その直後に番組おなじみとなったお断りテロップが流れ、「この作品は不適切な台詞が多く含まれますが、時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み、2024年当時の表現をあえて使用して放送しました」と流れて、ドラマが締めくくられた。

 これまでは「1986年当時」だったものが、今回は「2024年当時」に表記も変化。この演出にネットでは、「数年後に見たら、なお効いてくる」「オシャレ」「さすがエッジ効いてるわ」「最後のテロップしびれたなー」「これは唸った」「やっぱクドカン天才」「最後の最後まで凄かった。テロップ変更で完結」「このドラマは2054年から見た設定だったのか」「ラスト秀逸すぎ」など、称賛の声が上がった。

 また、「あの穴、そういうことだったのか!」「これは続編やる責任がある!」「希望の残るラスト」「これは続編期待していいのかしら」「続編みたすぎる」「最後のシーンは、BTF1のラスト、ドク先生と同じ感じ。続編あるんだろうね笑」など、続編を期待する声も多く上がっていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください