南沙良“パワーの源”は一人焼き肉…主演映画「無限ファンデーション」撮影秘話

撮影の合間に図書館にも【写真:舛元清香】
撮影の合間に図書館にも【写真:舛元清香】

――えっ、一人焼き肉ですか。

「はい。一人でも全然大丈夫です。普段から一人で行動することが多いですね。カルビも一人で焼きました(笑)」

――おじさんは衝動的にラーメンや肉を食べたいって思ったりしますが、南さんも「今日は肉だ!」と思うわけですね。

「思います、思います! 肉食べなきゃって感じます。エネルギーが出ますね」

――図書館は何をしに行ったのですか。

「本を読みたくて。本は大好きです。特に辻村深月さんがすごく好きで、いつも新作を読んでいます。(辻村さんが脚本の)『ドラえもん のび太の月面探査記』も観ました」

「無限ファンデーション」(C)2018「無限ファンデーション」製作委員会
「無限ファンデーション」(C)2018「無限ファンデーション」製作委員会

――最近の好きなことや趣味はありますか。

「私、アニメとか漫画が大好きで、すごく好きですね。アニメだと一番好きなのが『ギルティクラウン』とか『ソウルイーター』とか。最近だと『冴えカノ』(冴えない彼女の育て方)です。あとジャンプも毎週欠かさず読んでいます」

――声優に挑戦したことはありますか。

「まだしたことないです。次は声優を……ちょっと言っておかないと(笑)」

□南沙良(みなみ・さら)2002年6月11日、神奈川県生まれ。17歳。2014年、ティーンファッション誌「ニコラ」の専属モデルに抜擢される。2017年に「幼な子われらに生まれ」で女優デビュー。報知映画賞、ブリーリボン賞・新人賞にノミネートされ、注目を集める。「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で映画初主演を飾り、第43回報知映画賞・新人賞、第61回ブルーリボン賞・新人賞、第33回高崎映画祭・最優秀新人女優賞、第28回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞。2019年にフジ系ドラマ「ココア」でドラマデビューし、ドラマ初主演を務める。さらに、今年はオムニバス映画「21世紀の女の子」内の一作「愛はどこにも消えない」、「居眠り磐音」に出演している。

トップページに戻る

(平辻 哲也 / Tetsuya Hiratsuji)

1 2 3