中村倫也、予想外の告白に「キュン」 尾野真千子へ“倫也節”「好きです。本音です」

俳優の中村倫也が14日、都内で行われた映画「ハケンアニメ!」(5月20日公開)の完成披露上映会に登壇した。

イベントに出席した中村倫也【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した中村倫也【写真:ENCOUNT編集部】

質問へはおどけて回答「大喜利かと思った」

 俳優の中村倫也が14日、都内で行われた映画「ハケンアニメ!」(5月20日公開)の完成披露上映会に登壇した。

 直木賞作家・辻村深月による、アニメ業界で奮闘する者たちを描いた小説「ハケンアニメ!」(マガジンハウス刊)を映画化。日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「覇権(ハケン)」を手にするべく奮闘する人々の姿を描きながら、“好き”なものに対してまっすぐに向き合い懸命に生きる全ての人に捧げる、胸熱な“お仕事ムービー”。

 主人公の新人アニメ監督・瞳を吉岡里帆が、ライバル監督の王子を中村が熱演。イベントには吉岡、中村のほかに王子の才能にかけるプロデューサー・香屋子役の尾野真千子、吉野耕平監督、原作者の辻村深月がイベントに登壇した。

 メガホンを取った吉野監督から「ぴったりな役」とオファーされたという中村は、自身が演じる役との共通点を問われると「めちゃくちゃかっこいい役。『これが俺にぴったりなの?』と思ったらうれしかった」とにっこり。すると、吉野監督から「カメラが回っていないときのこういう感じが好き」と思いがけない“告白”が。中村は「キュンときました。うれしい」と喜んでいた。

 テンションが上がった中村は、その後もマイペースにトークに参加。尾野には「撮影に入る前から絶大な信頼感があって。今日は真千子姉に甘えようと思って……。好きです。本音です」と思いをあざとく打ち明けていた。

 イベントの後半では、作品名にかけて「自身が覇権を取れると思うもの」を披露することに。中村は「フォトセッションでムービーカメラに手を振るときのスマイル」と回答するも、その後は「大喜利かと思った。僕を中心にふざけてしまった。ごめんなさい」と茶目っ気たっぷりに謝罪。イベント会場は終始和やかな笑いに包まれていた。

次のページへ (2/2) 【動画】とびきりのスマイルで「覇権」…“倫也節”さく裂の「ハケンアニメ!」完成披露上映会
1 2
あなたの“気になる”を教えてください