劇場版「鬼滅の刃」台湾でリピーター続出! 2度会場に足を運ばせる秘訣は

10月16日から全国403館(IMAX38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の11月29日までの45日間の興行成績が動員2053万2177人、275億1243万8050円を記録。「タイタニック」(1997年)の262億円を上回り、興行収入歴代2位となった。一方、現在公開中の台湾でも人気爆発中だが、興行収入を押し上げるリピーターも登場しているという。台湾地元メディア「鏡週刊」が報じている。

(写真はイメージ)【写真:写真AC】
(写真はイメージ)【写真:写真AC】

台湾アニメ映画史上初の快挙達成

 10月16日から全国403館(IMAX38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の11月29日までの45日間の興行成績が動員2053万2177人、275億1243万8050円を記録。「タイタニック」(1997年)の262億円を上回り、興行収入歴代2位となった。一方、現在公開中の台湾でも人気爆発中だが、興行収入を押し上げるリピーターも登場しているという。台湾地元メディア「鏡週刊」が報じている。

 台湾でも絶大な人気を誇る劇場版鬼滅の刃。台湾ではアニメ映画史上初の5億台湾ドル(18億円)の興行収入を記録し、この数字は史上20位と特集では報じている。

 快進撃の続く鬼滅の刃だが、日本同様に何度も劇場に足を運ぶリピーターが登場しているという。

 台湾ではすでに入場者プレゼント企画がスタート。「特定期間に劇場で映画を鑑賞すると、限定盤のポスターや特別なイラストカードを手にできる。この関連ボーナスは来年の年始まで続く。2度劇場に足を運ぼうとするファンを魅了するのだ」と報じている。

 日本では11月14日から2週間毎に鑑賞者がイラストカードを手にできる企画がスタート。怒とうの勢いに一役買っているが、台湾でもリピーターは心をくすぐられている様子だ。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください