劇場版・鬼滅の刃、歴代2位で米メディア「日本において支配を続けている」 ヒットに注目

10月16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の11月29日までの45日間の興行成績が動員2053万2177人、275億1243万8050円を記録した。275億円は「タイタニック」(1997年)の262億円を上回り、興行収入歴代2位となった。米メディアでは驚異的なメガヒットに「支配は続く」と絶賛している。

日本国内で「タイタニック」超えの劇場版・鬼滅の刃に米メディアは注目している(写真はイメージ)【写真:写真AC】
日本国内で「タイタニック」超えの劇場版・鬼滅の刃に米メディアは注目している(写真はイメージ)【写真:写真AC】

米エンタメメディア「デッドライン」が報道

 10月16日から全国403館(IMAX 38含む)で初日を迎えた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の11月29日までの45日間の興行成績が動員2053万2177人、275億1243万8050円を記録した。275億円は「タイタニック」(1997年)の262億円を上回り、興行収入歴代2位となった。米メディアでは驚異的なメガヒットに「支配は続く」と絶賛している。

 先週の国際興行収入を特集したのは米エンタメメディア「デッドライン」だった。「デーモン・スレイヤーは日本で依然として上昇する」と見出しで報じている。

 デーモン・スレイヤーの呼び名で海外で人気を博している鬼滅の刃。歴代2位のタイタニックを超える270億円の興行収入をたたき出している破竹の勢いについて、「日本において支配を続けている」「上は、千と千尋の神隠しのみ」と称賛している。

 まさに衰え知らずの鬼滅人気ぶりに、米メディアも熱い視線を送っている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください