理想の自分を求めて―STU48大谷満理奈×門脇実優菜、アニメと声優に魅了されるワケ

仲良しな「STU48」の大谷満理奈(左)と門脇実優菜【写真:山口比佐夫】
仲良しな「STU48」の大谷満理奈(左)と門脇実優菜【写真:山口比佐夫】

アニメは「夢を与えてくれるごほうび」(大谷)、「人生を変えてくれたもの」(門脇)

――なりたい声優の理想像は?

門脇「宮野真守さんです。歌も上手くてソロ公演をしたり、舞台の主役を務めたり、バラエティーでもおもしろくて、マルチに活躍されているのでとにかく憧れです。私は人の笑顔が一番好きなので、いろんな方に笑っていただけるような存在になりたい。歌もダンスもまだ未熟ですけど、ソロでも安心して見てもらえるように極めていきたいと思います」

大谷「私は『僕のヒーローアカデミア』の緑谷出久くんの声を担当されている山下大輝さんが好きです。私は自分では低い声だと思っているんですけど、いろんなキャラクターがいるからこそ、自分に合ったものがきっとあると思うんです。そのキャラクターに出会うためにも技術を磨いていって、自分が納得できるような声を出せるようになりたいです」

――最後に、お2人にとって「アニメ」とは?

門脇「今の自分を創り出してくれたものです。声優さんを目指すようになってから、ソロで活躍したいという思いも芽生えました。STU48のメンバーとして、みんなと楽しく活動するのはもちろん大好きなんですけど、憧れの宮野真守さんがあんなにもキラキラと輝いているところを見ると、私もあんな風になってみなさんにたくさんの笑顔を届けたいなって。だから、アニメは私の人生を変えてくれた存在です」

大谷「私にとってアニメは“ごほうび”みたいなものです。それがあるからこそ頑張れるし、それを見つけたからこそ自分が変われた。アニメのキャラクターは個性の塊なので、個性って持ってていいんだと思わせてくれました。どんなキャラクターにも好きな人が必ずいるわけで、だったら私のことも好いてくれる人はいるんだって気づけました。アニメは夢を与えてくれるし、自由に楽しめる不可欠なものです」

□大谷満理奈(おおたに・まりな)、2004年2月14日生まれ、山口県出身。STU48 1期生。指先まで意識した繊細なダンスに加え、独自のミステリアスさも併せ持つ魅惑のカリスマ。アニメへの熱量はメンバー随一で、一度語り出したら止まらない。本人曰く「褒められると伸びるタイプ」。今ハマっていることは携帯の画像整理。ニックネームは「マリーナ」。

□門脇実優菜(かどわき・みゆな)、2003年3月11日生まれ、兵庫県出身。STU48 1期生。キレキレのダンス、どんな曲も歌いこなす歌唱力、迫真の表情で自分の世界に惹き込むパフォーマンスリーダー。負けず嫌いな性格で、ストイックな姿勢はメンバーからも“プロ”とリスペクトを集めている。今ハマっていることは筋トレ。ニックネームは「みゆみゆ」。



トップページに戻る

1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください