【ズバリ!近況】香川にUターンで活動する女優・木内晶子が語る怒られてばかりの東京時代と前向きの今

今から22年前、「V6」の森田剛、三宅健、岡田准一が初主演し注目された連続ドラマ「PU-PU-PU」(TBS系)。本作のヒロインでデビューした女優・木内晶子さん(38)も美少女っぷりが際立っていた。その後、人気ドラマ「はみだし刑事情熱系」(テレビ朝日系)やグラビアでも活躍していたが、最近はあまり見ない。木内さんは今、どうしているのか。香川・高松在住の木内さんにリモートで聞いた。

9年前に故郷・香川にUターンした木内晶子さん
9年前に故郷・香川にUターンした木内晶子さん

“うどん県副知事”就任きっかけに香川へ帰郷

 今から22年前、「V6」の森田剛、三宅健、岡田准一が初主演し注目された連続ドラマ「PU-PU-PU」(TBS系)。本作のヒロインでデビューした女優・木内晶子さん(38)も美少女っぷりが際立っていた。その後、人気ドラマ「はみだし刑事情熱系」(テレビ朝日系)やグラビアでも活躍していたが、最近はあまり見ない。木内さんは今、どうしているのか。香川・高松在住の木内さんにリモートで聞いた。

 デビューのときからお世話になっていた事務所を4年前に退所し、故郷の高松に戻ってきました。きっかけは、2011年に“うどん県副知事(香川県のPR大使)”に就任させていただいたこと。瀬戸内海の男木(おぎ)島を舞台にした映画を撮影したとき、そのPRで各局を回っていたら、県から声をかけていただいたんです。まさか、俳優をしていて“副知事”になるなんて想像もしていませんでした。

“うどん県副知事”に就任したら、人生の流れが大きく変わっていきました。それまでは年1回、お正月に帰省できるかどうかだったのに、イベントのお仕事などで香川と東京を何度も往復する生活になり、多いときで週1回のペースに。それで、香川を拠点に活動することが自然な流れという感覚となっていき帰ってきました。事務所も快く送り出してくれました。16年1月1日に故郷へ戻り個人事務所を設立し独立。応援してくださっている地元の企業、郷土の皆さまに支えられて今日があります。ありがたいことです。

四国限定テレビ番組などに出演中

 香川のPRのイベントや、毎週木曜夜放送の香川県・県政広報テレビ番組「サン讃かがわ PLUS」(岡山放送)や、この5月からはNHKの「ギュッと!四国」に月1回土曜日の朝7時半から30分間レギュラー出演しています。「サン讃かがわ PLUS」は香川県内向け、「ギュッと!四国」は四国4県放送です。いつもお世話になっている方や放送を見られる方々が、オンエアを楽しみにしてくれています。

 俳優としても、男木島を舞台にした映画「Lemon & Letter」にも出演しました。「Lemon & Letter」は国内外の映画祭で数多くノミネートされ、私も主演女優として選ばれ17年にミラノ国際フィルムメーカー映画祭に参加させていただきました。

 最近では、京都・太秦で時代劇ドラマを撮影させていただきましたし、20年秋公開予定で、鳥取県の浜村が舞台の映画「はちみつレモネード」に主人公の母親役で出演させていただきました。あいち国際女性映画祭、札幌国際短編映画祭にノミネートされているので、今後、たくさんの方に見ていただきたいです。これからも、また香川を舞台にした作品に携わりたいですし、呼ばれればどこへでも。東京にもまた行きたいです。

次のページへ (2/5) 打ち合わせの議題が「結婚」の話に…
1 2 3 4 5
あなたの“気になる”を教えてください