山崎賢人が「劇場」初日リモート舞台あいさつに感慨深げ 「感染対策をして、劇場で観て」

山崎賢人、松岡茉優が主演する映画「劇場」のリモート初日舞台あいさつが17日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、山崎と行定勲監督が登壇した。

映画「劇場」のリモート初日舞台あいさつに登場した山崎賢人【写真:ENCOUNT編集部】
映画「劇場」のリモート初日舞台あいさつに登場した山崎賢人【写真:ENCOUNT編集部】

行定勲監督と登壇「こうやって初日を迎えられることをうれしく思います」

 山崎賢人、松岡茉優が主演する映画「劇場」のリモート初日舞台あいさつが17日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、山崎と行定勲監督が登壇した。

 本作はお笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の大ベストセラー「火花」に続く第2作「劇場」の実写映画化。劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希(松岡)の、生涯忘れることができない恋を描く。当初は4月公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた。

 都内を中心に新型コロナウイルスがいっそう蔓延している状況もあり、イベント自体は無観客。司会者もマスク着用するなど「劇場クラスター」を出さないように徹底した対策を講じての開催。この模様は同じビルにあるユーロスペースと中継が結ばれた。

 全国のミニシアターを中心とした20館規模公開と同日にAmazon Prime Videoでの全世界独占配信に、山崎も感慨深げ。「感染対策をして、劇場で観てほしい作品。こうやって初日を迎えられることをうれしく思います」と話した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください