“第二の「カメ止め」”呼び声のノンストップSF 主演・土佐和成&朝倉あきが明かす舞台ウラ

人気劇団「ヨーロッパ企画」が初めて取り組んだオリジナル長編映画が、「ドロステのはてで僕ら」(脚本・上田誠、監督・山口淳太)だ。突然、“2分先の未来”が見えるタイムテレビが目の前に現れたことから、巻き起こる70分の騒動を描くノンストップ・ストーリー。新型コロナウイルス禍の中、6月5日から下北沢トリウッド、京都シネマの2館でスタート。7月3日からはTOHOシネマズ2館でも公開。劇団所属の主演、土佐和成と、ヨーロッパ企画との初タッグとなる女優・朝倉あきがその舞台ウラを語り合った。

「ドロステのはてで僕ら」主演の土佐和成(右)と朝倉あき【写真:山口比佐夫】
「ドロステのはてで僕ら」主演の土佐和成(右)と朝倉あき【写真:山口比佐夫】

【Wインタビュー】“2分先の未来”が見えるタイムテレビをめぐるSF映画「ドロステのはてで僕ら」

 人気劇団「ヨーロッパ企画」が初めて取り組んだオリジナル長編映画が、「ドロステのはてで僕ら」(脚本・上田誠、監督・山口淳太)だ。突然、“2分先の未来”が見えるタイムテレビが目の前に現れたことから、巻き起こる70分の騒動を描くノンストップ・ストーリー。新型コロナウイルス禍の中、6月5日から下北沢トリウッド、京都シネマの2館でスタート。7月3日からはTOHOシネマズ2館でも公開。劇団所属の主演、土佐和成と、ヨーロッパ企画との初タッグとなる女優・朝倉あきがその舞台ウラを語り合った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

――3日からシネコンでも拡大公開。「カメラを止めるな!」のようにどんどん広がっていきそうな勢いですが、この反響をどのように受け止めていますか?

土佐「映画自体のストーリーもそうですけど、展開が早いな、と。世の中がコロナで大変な中、公開できただけで喜んでいたのが、いきなりシネコンに行く。ドキドキしますし、ガラガラやったら、どうしようと思いますし、でも、チャンスではあると思います。このまんま、多くの人に観てもらいたいなあ」

朝倉「個性派ぞろいのヨーロッパ企画の方々がもっといろんな人に触れられる、きっかけの一つになるなぁと思っています。その面白さが伝わるといいな」

――雑居ビルの1階にあるカフェのテレビが突然、2分先の未来を映すようになるというストーリー。2分先の未来が見えるようになると、どんなことが巻き起こるのか。予想がつかない、観たことがないドラマ。スピード感もあって、面白かったです。70分の物語は一見、ワンシーン・ワンカットに見えますが、実際はどんな感じだったのですか?

土佐「テレビモニターの素材の撮影が3日間、物語が進んでいくところが4日間ですね」

――土佐さんはカフェのマスター役。テレビに映る2分後の自分と会話しますね。観ている方は楽しいだけですが、実際に演じる側は大変だったのでは?

土佐「メチャクチャ大変でしたね。いろんな緊張感がありました。セリフがぶつかったら、終わりですから。ストーリー上もずっと緊張もあるし、撮影方法も、スケジュール的にも撮り切れるのか、と。その現場での緊張感がそのまま作品に乗っかっている気がします。あのやり方でしかなかったんだろうなと、今になっては思いますね。でも、大変やったのは忘れちゃうんですよね。今はメチャクチャ楽しかった思い出でしかないんです」

朝倉「そうですね。公開してこういう取材を受けると、喜びのほうが強くなっちゃいますね」

――朝倉さんはカフェのマスターが密かに思いを寄せる隣人の美容師メグミ役です。

朝倉「台本を頂いた時は、面白そうだけど大変そうだなと思いました。ちょうどオファーを頂いた時、滋賀で公演をしていたんですけども、その終わりに、山口監督がいらっしゃって、『今度よろしくお願いします。すごい大変ですけども……』とおっしゃって、並々ならぬ熱意を感じらました。山口さんにお会いしてからは、不安は一切なくなり、すべてをお任せしようと思いました」

土佐「最初に大変さを言う監督って、どうよ(笑)……」

朝倉「で、『公演に観にいらっしゃって、ありがとうございます』とお礼を言ったら、『観てはいないんですけど、それだけをお伝えしたくて』と。観てはいないんかい!と(笑)」

――撮影はいかがでしたか? 2分後の未来と現在がつながる話なので、整合性を保つのは大変ではなかったか、と。

土佐「思い返せば、めちゃくちゃ険悪な雰囲気になった時間も普通にありました。泥んこ野球みたいな現場だったんです。朝倉さんが現場に入ったのは撮影3日目でしたっけ?」

朝倉「既に現場は戦の後みたいな雰囲気でした。何があったんだろう、という感じでしたね。よく覚えているのは、土佐さんとメイクさんのやりとり。土佐さんがため息をつきながら、『あ~、今日も始まる』と。私は隣でドキドキしていました(笑)」

土佐「いろんな大変さがあったんです。物語を理解しながら、演じる大変さ。モニターの映像とのやりとりをしながらも、目の前の役者ともやりとりする。みんなで2分という時間を刻んでいく大変さ。役者も大変でしたけど、スタッフさんの大変さは計り知れないものがありました」

朝倉「私が大変だったのは昼夜逆転だったことですかね。脳みそがふわ~となった瞬間がありました」

土佐「確かに昼間の撮影1週間やったら、そんなにしんどくないもんね。夕方6時から朝6時までで、冬だったので寒かった。僕は全部のシーンにほぼ出ているので、待ち時間はあまりなかったけど、朝倉さんは結構、待ち時間もあったんじゃないですかね」

朝倉「私よりも、さらに後に登場する中川晴樹さんたちはずっと待ちの状態で大変だったと思います。衣装を着て待って、そのまま出番なく帰る。後々、私をさらう闇金役の人と過ごす時間が長かった(笑)」

土佐「あとはモニター(iMac)を上げ下げするのは大変だったかな」

次のページへ (2/4) 何度も観たくなる理由とは…
1 2 3 4
あなたの“気になる”を教えてください