長女は大型バイク、次女は学生でGT-Rオーナーに 母娘そろっての“走り好き”一家

これまでに日産スカイラインGT-Rを3台乗り継いで現在は1999年式のBNR34GT-R(Vスペック)を愛車にしている女性オーナーで、大型バイクを乗りこなすShellyさんは、2人の娘も“筋金入り”のバイク&クルマ好きだ。長女(28)はスズキのバイクGSX-R750を駆り、次女(26)はBCNR33GT-Rに乗っている。“母娘ツーリング”を楽しむShellyさんと次女に、バイクとクルマで結ばれている家族物語について聞いた。

Shellyさんの次女はBCNR33GT-Rが愛車だ【写真:Shellyさん提供】
Shellyさんの次女はBCNR33GT-Rが愛車だ【写真:Shellyさん提供】

長女はスズキのバイクGSX-R750、次女はBCNR33GT-R、母はBNR34GT-R

 これまでに日産スカイラインGT-Rを3台乗り継いで現在は1999年式のBNR34GT-R(Vスペック)を愛車にしている女性オーナーで、大型バイクを乗りこなすShellyさんは、2人の娘も“筋金入り”のバイク&クルマ好きだ。長女(28)はスズキのバイクGSX-R750を駆り、次女(26)はBCNR33GT-Rに乗っている。“母娘ツーリング”を楽しむShellyさんと次女に、バイクとクルマで結ばれている家族物語について聞いた。

AKB48で活躍、元トップアイドルがまたがる大型バイク…内緒で取得した免許秘話(JAF Mate Onlineへ)

 Shellyさんは、根っからのクルマ&バイク愛好家。初めて買ったクルマは日産フェアレディZ(S130)で、日産パルサー GTI-R、スカイラインGT-Rと乗り継いだ。子育てのためスポーツカーから離れる決断をし、次女が中学1年の時に、寂しい思いをこらえてBCNR33GT-Rを手放した。その後はファミリーカーに乗り換えたが、6年ほど前から“走り”の情熱を取り戻し、ガンメタルのBNR32GT-Rに乗り始め、2018年から現在の愛車に。昨秋にサーキットデビューし、充実のカーライフを送っている。

 家族でGT-R生活になじんだ。BNR32GT-Rは長女、BCNR33GT-Rは次女にとって“ゆりかご”だったという。次女は「BCNR33GT-Rに乗って家族旅行でディズニーランドに行ったり、母は習い事の送り迎えもしてくれました。当時、周りの人は驚いていたと思いますよ」と懐かしむ。原点でもあり、「子どもの頃にいつしかなくなってしまったという感じで覚えていて、自分もいつか乗ってみたいなと思っていたんです」。

 学生時代に1人暮らしをしていた次女。ある日、母がガンメタルのBNR32GT-Rに乗って訪ねてきた。「母が『買っちゃった』とやって来たので、『私も欲しい』と言ったんです。その時は冗談だったのですが、そこから本気で考えるようになったんです」。旧車に乗ることの実際的な事柄について調べ始め、ガソリン代や車検代、維持費をとことん計算した。「学生であっても、これならバイトで稼いだお金でもいけるかなと、その答えが出ました。21歳の時にローンで、1997年式のBCNR33GT-Rを買いました。最初の頃は初心者マークを付けて乗っていたんです」という。

愛車交換ツーリングは「母の運転を追いかけるのが大変でした(笑)」

“走り好き”で行動力のある生き方は、母親譲りとでも言えようか。Shellyさんは「親からの援助はしていません。娘はただやみくもに買うのではなく、親に頼らずに、しっかり計算して計画したんです。親の私から見ても、行動力と判断力はすごいと思います。物事をしっかり考える力が付いたんだなと感心しました」と話す。

 長女はスポーツタイプのスズキGSXのバイクを乗りこなすライダーだ。Shellyさんによると、「突然」乗り始めたという。「ある日、急にバイクの免許が取りたいと言い出して。親としては、バイクはけがのリスクもあるので、できればやめてほしいと思ったのですが、翻って私自身は学生時代からバイクに乗って飛び回っていました。ダメとは言えなかったです。長女はその1年後ぐらいに、今度は大型に乗りたいと。免許を取ってすぐにGSXを買いました。今はサーキットを走っているんですよ」。長女も、自分の好きなことにひた走る行動派のようだ。

 Shellyさんと次女は、GT-R仲間の走行会に一緒に出かけることがあるという。次女は社会人で仕事をしているが、たまにタイミングが合えば母娘でツーリングも。1度、それぞれの愛車を交換して走ったことがあるといい、Shellyさんが「次女とのツーリングはめちゃくちゃ楽しくてウキウキします。次女の愛車に乗った時は、私にとっても久々のBCNR33GT-Rだったので、すごく加速がよくて、『こんなに速かったっけ』と改めて感じることができました」と話せば、次女は「母の愛車に乗りましたが、BNR34GT-Rは完璧なクルマですね。安定感も抜群でした。それでも、母の運転を追いかけるのが大変でした(笑)」と笑顔を見せた。

 次女にとって、愛車BCNR33GT-Rは特別な1台だ。「自分の中でずっとナンバー1です。若いうちに買っておいてよかったなと思っています。大事に大事に乗り続けていきたいですね」。そして母の存在について聞いてみると、「女性でスポーツカーに乗っている人はそこまで多くはない中で、母は乗り続けていて、かっこいいと思います。知らないうちにサーキットまで始めてしまって(笑)。すごい行動力だなと思っています」と教えてくれた。

次のページへ (2/2) 【写真】母娘3人驚愕の愛車…日産スカイラインGT-R2台&スズキのスポーツバイクの実際の1枚
1 2
あなたの“気になる”を教えてください