“日本イチ一緒に飲みたい美女”高田秋 「ロケで見かけた時は気軽に話しかけて」…追求する“親近感”

「日本イチ一緒に飲みたい美女」として話題を集めるモデル・タレントの高田秋が、自身初の写真集「SHU」(集英社)を発表した。体作りにはげみ、トレードマークの親しみやすい笑顔や、セクシーなシーンを収録。さらには、北海道の故郷や将来の結婚観をまとめたエッセイでも「素の自分」を表現した。お酒、競馬、町中華にまで活躍の場を広げる、“気になる彼女”を訪ねた。お酒との“付き合い方”や、目指す理想の姿とは。今回は後編。

ファースト写真集「SHU」の喜びを語る高田秋【写真:山口比佐夫】
ファースト写真集「SHU」の喜びを語る高田秋【写真:山口比佐夫】

素顔のインタビュー後編 実は「今年デビュー」したお酒を“告白”

 「日本イチ一緒に飲みたい美女」として話題を集めるモデル・タレントの高田秋が、自身初の写真集「SHU」(集英社)を発表した。体作りにはげみ、トレードマークの親しみやすい笑顔や、セクシーなシーンを収録。さらには、北海道の故郷や将来の結婚観をまとめたエッセイでも「素の自分」を表現した。お酒、競馬、町中華にまで活躍の場を広げる、“気になる彼女”を訪ねた。お酒との“付き合い方”や、目指す理想の姿とは。今回は後編。

――そもそも、お酒好きのキャラクターを確立するきっかけはどんなことでしょうか。

「もともとお酒が好きで飲んでいたんですけど、ある番組で利き酒師の資格を取りまして、タイミングよく、『笑ってコラえて!』の『朝までハシゴの旅』への出演も決まって。そこからです」

――日本酒とビールがお好きだとお聞きしました。普段の飲みのスタイルは。

「立ち飲みにも行きますよ」

――いまハマっている都内の飲みどころはありますか。

「最近は、中野にハマってます!本当に美味しい立ち飲み屋さんがいっぱいあるんです。いろいろなジャンルの立ち飲み屋さんがあって、お寿司屋さんだったり、女子が行きたくなるような立ち飲み屋さんだったり、本当におじさんが行くようなところだったり。もともと飲み屋さんが多くて、魅力的な街だと思っています」

最近は“町中華姐さん”とも呼ばれる高田秋【写真:山口比佐夫】
最近は“町中華姐さん”とも呼ばれる高田秋【写真:山口比佐夫】

――もしあればですが、最近、飲めるようになったお酒はあるのでしょうか。

「実はハイボールはずっと飲めなかったんですけど、ここ1か月ぐらいで飲めるようになりました。ハイボールデビューですね、今年は!」

――それは素晴らしいですね。こだわりのウイスキーはありますか。

「こだわりはまだないんですけど、次の日に残らないハイボールをいま探しています。そんな銘柄を(笑)」

――レギュラー出演中の「町中華で飲ろうぜ」(BS-TBS)では、“町中華姐さん”と呼ばれるようになりました。番組では、中華屋さんを訪ねて、お店の人たちの懐に入っていく姿が印象的です。

「行く先々の町中華は、地元に根付いたお店ばかりです。お客さんはみなさんご近所さんで、何年も通っている方、ずっと来ている方ばかりなので、みなさんはその場所のよさを知っていますし、その町中華のよさもわかっていらっしゃいます。私が行っても、自然と仲間に入れていただけます。『あっ、おいでおいでよ』という温かさ、優しさを学んでいます」

次のページへ (2/3) 熱く語る理想像
1 2 3