【THE MATCH】海人「日本の格闘技を背負っていくのは僕になる」 “世紀の一戦”後の覚悟

「THE MATCH 2022」(6月19日、東京ドーム)でついに実現する那須川天心VS武尊の「世紀の一戦」。しかし同大会では「プラチナ・アンダーカード」と呼ばれる試合が実現する。その筆頭とされるのが海人VS野杁正明戦である。海人はシュートボクシングを、野杁はK-1を背負って闘う中量級の最強決定戦だが、今回は一方の雄・海人に天心VS武尊戦への見解を含め、話を聞いた。

天心VS武尊による「世紀の一戦」を独自の視点で語る海人【写真:ENCOUNT編集部】
天心VS武尊による「世紀の一戦」を独自の視点で語る海人【写真:ENCOUNT編集部】

あくまで主役は天心くんと武尊さん

「THE MATCH 2022」(6月19日、東京ドーム)でついに実現する那須川天心VS武尊の「世紀の一戦」。しかし同大会では「プラチナ・アンダーカード」と呼ばれる試合が実現する。その筆頭とされるのが海人VS野杁正明戦である。海人はシュートボクシングを、野杁はK-1を背負って闘う中量級の最強決定戦だが、今回は一方の雄・海人に天心VS武尊戦への見解を含め、話を聞いた。(取材・文=“Show”大谷泰顕)

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

「この一戦に関しては、しっかり終わって、お互いに悔いもなく、主役として、どっちが勝ったとしても、胸を張ってほしいなあとは思いますね」

 注目の天心VS武尊戦に関して海人に訊ねると、そんな答えが返ってきた。

「この試合があったからこそ、僕と野杁さんの試合も実現できる、というか、僕と野杁さんが選ばれたのも、しっかり勝って結果を残して、どっちが一番か決めるのが大事やから選ばれたんでしょうけど、それが実現できるのは、間違いなく天心くんと武尊さんのおかげやと思うので、6月19日に関しては、僕がどんな勝ち方をしようと、ほかの選手がどれだけ盛り上げようと、武尊さんと天心くんが主役やと思っています」

 この答えは意外だった。たしかに主役はそうかもしれないが、それを目当てに来た観客や視聴者の目を自身に向けさせてやろうという野心が燃えたぎっていてもおかしくない気がしていたからだ。

 そこで「天心VS武尊を食ってやろうという気持ちは?」と海人に聞いてみると、やはり「そんな気はない」という。

「僕自身はしっかりと野杁さんに勝つことが大事なことで、いろんな人が僕と野杁さんの試合が、天心VS武尊戦より面白かったと言ったとしても、僕からしたら、天心くんと武尊さんの日でしかない。(「THE MATCH 2022」は)その二人が大将なので、しっかりその試合に僕はつなげていきたいなと思っています」

 そして海人はこう続けた。

「別に天心くんと仲がいいわけでもないし、武尊さんと仲がいいわけでもないので、そういう感情はないんですけど、その日に関してはそのふたりが主役なので。しっかり僕はかついでいきたいなあと思っています」

 一見すると、謙虚に答えているように受け止められるが、海人の真意は以下の言葉で十分伝わってくると思う。

「その二人の試合が終われば、日本の格闘技を背負っていくのは間違いなく僕になる。だからその日に関しては、その二人に任せます。その後は僕に任せてくれたら大丈夫やと思うので」

次のページへ (2/3) 安保瑠輝也じゃなく、野杁正明じゃないと意味がない
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください