夏樹陽子、宅配業者に“神対応”「すごく喜んでいただける」 三が日にはお年玉用意

女優の夏樹陽子が3日、都内で行われたアルゼンチン・タンゴのコンサートに出演。伸びのある美声とともに、軽快なトークで会場を盛り上げた。

アルゼンチン・タンゴのコンサートに出演した夏樹陽子【写真:ENCOUNT編集部】
アルゼンチン・タンゴのコンサートに出演した夏樹陽子【写真:ENCOUNT編集部】

芸能生活45周年、ぶっちゃけトークに爆笑

 女優の夏樹陽子が3日、都内で行われたアルゼンチン・タンゴのコンサートに出演。伸びのある美声とともに、軽快なトークで会場を盛り上げた。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 夏樹はまず第1部に鮮やかなブルーのドレス姿で登場。初夏らしい色合いで、また髪や首元には自らデザインしたという宝石をちりばめた。4人組のアルゼンチン・タンゴバンド「チコス・デ・パンパ」の演奏に乗って3曲を歌い上げた。

「夏樹陽子です。2時間ドラマではおなじみでございますね」とあいさつすると、芸能生活45周年を報告。「今年10月24日に誕生日なんですけど、古希なんですって。あんまり気にしたことないんですけど、去年2本のドラマに出たんです。台本が来たとき、『一見、初老の女が待っている…』と書いてあった。誰? 私? がっくりしちゃったんですよ」とぶっちゃける。もう1本の台本についても「倒れているシーンから始まる。初老の女が…倒れている。まあいいや、好きに書いて」と話し、観客を笑わせた。

 ステージ上では、その言葉通りに、年齢を感じさせない。何歳になっても恋心を忘れないエピソードを随所に披露した。

 自宅に荷物を届けてくれる宅配業者には、冷凍庫で冷やした水を渡しているといい、「すごく喜んでいただける。それだけでもちょっと心がときめくのよ」とにっこり。また、三が日にはお年玉も渡しており、「500円から始まって、最近グレードアップしたんですけど、コロナのせいか、三が日に届けてくださることが少なくて(お年玉が)あまり減らないの」と茶目っ気たっぷりの習慣を明かした。

 雨がテーマの曲になると、「雨の降る日に相合傘。どうしてもくっつくじゃないですか。あれってときめかない? え、経験ない? それはかわいそう。ちょっと好きかなって思う人との相合傘よ。腕を組んでできるじゃないですか。ぜひ相合傘やってください。言ったもの勝ちです」と会場の淑女に呼びかけ。

次のページへ (2/2) 「愛の讃歌」に会場うっとり 最後は「もう幸せでした」
1 2
あなたの“気になる”を教えてください