島崎遥香、AKB48時代は「とがっていた」 人見知りや疲労で悩んだ“塩対応”の過去

「楽しくない」ことは極力したくないが“根底”に

 AKB48卒業後は、女優以外にもファッション誌「GINZA」のウェブ企画で“見習い編集者”に挑戦したり、YouTubeチャンネル「ぱるるーむ」を開設したりと幅広い動きを見せているが、あくまで根底にあるのは、「自分が楽しいか否か」だ。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「そうじゃないとやっぱり何事も続かないですよね。YouTubeは、もはや趣味で、編集以外の企画や撮影とかは、全部自分でやっています。爆買いの様子や、仲の良い藤森慎吾さんや益若つばささんに会いにいく回とか、“素”に近い感じが出せていると思います」

 以前は、ファンとの握手会で、そっけない態度をとってしまうことから「塩対応」とも表現されたことのある彼女だが、裏を返せば“自分を偽ることができない証”でもある。

「そう言われていたのは、元来かなりの“人見知り”な上に、ある程度キャラ付けされていることもあって……ようやくこうやってインタビューとかでも、ある程度会話ができるようになりましたね。20歳ぐらいのときは、休みもなくて疲れていたのも重なって、本当とがっていたと思います。なんでも、時間と休養が解決してくれるんだなあって」

 演技をする機会も格段に増え、今後は映画を中心に、Netflixなど世界で見られるコンテンツへの憧れを抱いている。

「私自身、映画を見るのが大好きだし、作品として残る感じがして良いなって。あと、YouTubeチャンネルをやりはじめて思ったのが、韓国や中国から見てくれる人が意外に多いこと。そういう方たちにも見てもらえるように、コミュニケーションも語学ももっと努力したいですね。それでも、基本的な性格は何一つ変わらないと思います(笑)」

※1:「私たち結婚しました」は、韓国の地上波放送局、株式会社文化放送(MBC)が企画、制作した番組。

※2:「ABEMA」で配信したオリジナル恋愛番組のうち、20歳から34歳の女性の総視聴者数をもとに算出。

■「私たち結婚しました 3」
初回放送日時:2022年6月3日(金)午後11時~12時※初回拡大SP
毎週金曜午後11時~11時30分放送
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル

次のページへ (3/3) 【写真】佐野岳とラブラブな姿を披露…島崎遥香の“結婚ショット”
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください