新型コロナで窮地に立つアイドルの今…ライブ、握手会は軒並み中止で解散、引退続発も

ファンは活動を待ち望んでいる
ファンは活動を待ち望んでいる

握手会がなくなり“最後のお別れ”ができず…ファン離れ加速も

 SKE48の高柳の場合、卒業公演のあとに行われる握手会も延期になってしまい、最後のお別れができない状況になっている。松井も同じ轍を踏みかねない。アイドルの安全確保はもちろん大切だが、このような状況では、アイドルのファン離れも十分に起こりえる。

 安倍晋三首相が“大規模イベント”開催の自粛を要請したことで、多くのライブが中止になっている。それでも、アイドルグループ「さんみゅ~」は今月1日に解散ライブを決行した。会場は小規模で、アルコール消毒やマスク着用の義務もあり、臨戦態勢で解散ライブを行った。

 当日行われる予定だった物販による交流会は見送りになってしまったが、後日にメンバーと電話ができるという形を取り、接触をしないでおしゃべりできることが物販の特典となった。濃厚接触のないコミュニケーションとして、解散するメンバーに、後日ではあるが、最後のお別れを言うことができた素敵な物販だった。

 しかし、2月に大阪のライブハウスで行われたイベントで新型コロナウイルスの感染者が発覚。小規模な会場でクラスター感染が起きてしまったことで、アイドル業界にも激震が走った。

 これまで小規模なライブハウスなどを中心に活動してきた地下アイドルは、大きな不安を抱えているという。“大規模イベント”には当てはまらないという解釈のもと、小規模のスペースでマスク着用、アルコール消毒などの対策をしてライブ活動をしているからだ。ライブをすることに、大きなリスクがあるのは確かだが、アイドルのライブは1回ごとに、会場費やスタッフ代など多くの出費が伴う。

次のページへ (3/3) アイドルにとって死活問題
1 2 3