きゃりー、悲願の米フェス出演「チビるほどびびってました笑」 ビリー・アイリッシュと“裏被り”

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが17日(現地時間16日)、米カリフォルニア州インディオで開催されている世界最大級の大型野外音楽フェスティバル「Coachella Valley Music and Arts Festival」のステージに立った。2020年に出演予定だったが新型コロナ禍のため中止に。3年ぶりの開催となった同イベントで念願のパフォーマンスを披露した。

「Coachella」出演前日のきゃりーぱみゅぱみゅ【写真:Getty Images】
「Coachella」出演前日のきゃりーぱみゅぱみゅ【写真:Getty Images】

ステージ上では英語でもあいさつしファンと交流

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが17日(現地時間16日)、米カリフォルニア州インディオで開催されている世界最大級の大型野外音楽フェスティバル「Coachella Valley Music and Arts Festival」のステージに立った。2020年に出演予定だったが新型コロナ禍のため中止に。3年ぶりの開催となった同イベントで念願のパフォーマンスを披露した。

 カラフルでポップな衣装に身を包み、ステージに上がったきゃりーは、「にんじゃりばんばん」「インベーダーインベーダー」「ファッションモンスター」など人気曲をパフォーマンス。英語でのあいさつを交えながらファンとの交流も楽しんだ。

 20年にも「Coachella」に出演予定だったきゃりーだが、コロナ禍のため無念の中止に。翌21年もコロナ禍のため開催されず、この日は念願の「Coachella」ステージだった。

 パフォーマンス後にきゃりーは自身のツイッターで「初コーチェラ。ステージはけた途端に感動してしまって大泣きしました、、、」と心境を吐露。「こんなにも素晴らしい経験を与えてくれて本当にありがとうございました。皆んなからもたくさんのメッセージと友達ら家族からも見てたよと連絡きました~!嬉しい」と感動をつづった。翌週の24日(同23日)にも同ステージに上がる。

 また、3ステージで展開された「Coachella」だったが、きゃりーの“裏”では世界的なアーティストのビリー・アイリッシュや21サヴェージがパフォーマンス。さらにはきゃりーの立ったステージでは“トリ”という展開に、「マジレスするとビリーアイリッシュ&21savegeの裏被りとGOBIステージのトリみたいなタイムテーブルになっちゃってたのでチビるほどびびってました笑」ともつづった。

次のページへ (2/2) 【写真】きゃりーぱみゅぱみゅの圧巻パフォーマンスの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください