山下智久、オーディションで勝ち取った「TOKYO VICE」に「まさか役をいただけるとは」

歌手で俳優の山下智久が6日、都内で行われたHBO MaxとWOWOWの日米共同制作ドラマ「TOKYO VICE」(24日独占放送スタート)の記者会見に登場した。当日は共演者のアンセル・エルゴート、渡辺謙、菊地凛子、伊藤英明、笠松将も登壇した。

山下智久【写真:ENCOUNT編集部】
山下智久【写真:ENCOUNT編集部】

渡辺謙、伊藤英明との久々共演に「同じ現場に戻ってくることができてうれしかった」

 歌手で俳優の山下智久が6日、都内で行われたHBO MaxとWOWOWの日米共同制作ドラマ「TOKYO VICE」(24日独占放送スタート)の記者会見に登場した。当日は共演者のアンセル・エルゴート、渡辺謙、菊地凛子、伊藤英明、笠松将も登壇した。

 舞台は1990年代の東京アンダーグラウンド。世界で最もきらびやかな大都会として憧れられた東京のリアルで凶暴な裏の姿を、ハリウッドが誇る本気の“映像魂”がこの上ないクオリティーでよみがえらせる。全ての撮影は東京とその近郊で行われた。

 カリスマホストのアキラ役を演じる山下は「オーディションを受けたのは3年前。まさか、自分がこの役をいただけるとは思いませんでした。刑事と裏社会の話ではあるんですけど、一つのスパイスになれるような役になれるように、自分なりにも一生懸命、エネルギーを注入させていただきました。一瞬で時間が過ぎていくような作品になっていると思うので、楽しんでいただければと思います」と同作をアピールした。

 撮影に参加した感想を山下は「僕自身は東京を中から見ていたんだなと感じました。外国から見た東京はこういう風に見えているんだということが学べました。さまざまなカルチャーが一つの現場に混合していたんですけど、いい作品を作るぞという情熱みたいなものは世界共通なんだなと改めて感じることができました」と語った。

 そして、「監督からのアドバイスを聞いて、役を作っていく過程で、完璧じゃなくてもいいだな、かっこ悪くてもいいんだな、ありのままの自分でいることを認めていただけたような気がして、すごく心地よくて、日々1秒1秒かみしめながら現場にいることができました」と振り返った。

 ほかにも山下は「(渡辺)謙さんとも20何年ぶりに共演させていただいて、(伊藤)英明さんとも10年ぶりくらい。また先輩と同じ現場に戻ってくることができてうれしかったですし、改めてステキで尊敬できる方々に出会えたことがうれしかったです。オンエアを見るのが楽しみです」と心境を明かしていた。

次のページへ (2/2) 【写真】会見で爽やかな表情を披露した山下智久の姿
1 2
あなたの“気になる”を教えてください