ボクシングで東京五輪の星だった宇佐美正パトリックはなぜLDHからMMAで世界を目指すのか

「EXFIGHT/LDH martial arts」所属の21歳の新星・宇佐美正パトリックは、1月に後楽園ホールで行われた格闘技イベント「プロフェッショナル修斗2022 開幕戦」で1RKO勝利を収め、プロデビューからMMA3連勝を飾った。自身を育ててくれたオーディションに何を思うのか、開幕戦を終えた宇佐美に直撃した。

宇佐美正パトリックは高谷裕之総監督(右)の指導の下、精神的にも成長した
宇佐美正パトリックは高谷裕之総監督(右)の指導の下、精神的にも成長した

東京五輪選考会で敗戦 暗闇に差し込んだ一縷の光

「EXFIGHT/LDH martial arts」所属の21歳の新星・宇佐美正パトリックは、1月に後楽園ホールで行われた格闘技イベント「プロフェッショナル修斗2022 開幕戦」で1RKO勝利を収め、プロデビューからMMA3連勝を飾った。自身を育ててくれたオーディションに何を思うのか、開幕戦を終えた宇佐美に直撃した。(取材・文=島田将斗)

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

バチンと鈍い音がする。1R残り10秒での右フック4連発は圧巻だった。試合後に見せた笑顔は印象的だったが、宇佐美にはかつてボクシングで“東京五輪出場”という夢があった。

まさかの東京五輪選考会での敗戦。その当時を「正直どうしようかなと思いましたね。負けた瞬間は1週間ぐらいどうしたらいいか分からなくなりましたね」と振り返る。全幅の信頼を置く父との2人三脚もついえたとなれば当然だ。

そんなどん底の宇佐美に一縷(いちる)の光が差し込んだ。父と見つけたLDH主催の格闘技オーディション「FIGHTER BATTLE AUDITION」だ。

「もうどうしようってなったときに、親父とネットでみてたらオーディションが出てきて、これは自分の中でも挑戦すべきなのではないかと思って挑戦させてもらいましたね」

一度は目標を失った。だが、LDHに出会ったことで宇佐美は“世界最強”への道のりをもう1度歩み始めたのだ。

次のページへ (2/4) 同門の26歳・中村倫也に心酔「一緒にいれば自分も強くなれる」
1 2 3 4
あなたの“気になる”を教えてください