那須川天心、RISEラストマッチは「親子喧嘩」 父・弘幸会長は“同門”風音のセコンドへ

立ち技打撃格闘技「RISE」は9日、都内で記者会見を行い、“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)のラストマッチ(4月2日・代々木第一体育館)の対戦相手が風音(TEAM TEPPEN)に決まった。天心の父・弘幸会長が風音のセコンドにつく、異例の同門対決となった。

記者会見に登場した那須川天心(左)と風音【写真:ENCOUNT編集部】
記者会見に登場した那須川天心(左)と風音【写真:ENCOUNT編集部】

4月2日開催「Cygames presents RISE ELDORADO 2022」、異例の同門対決

 立ち技打撃格闘技「RISE」は9日、都内で記者会見を行い、“神童”那須川天心(TARGET/Cygames)のラストマッチ(4月2日・代々木第一体育館)の対戦相手が風音(TEAM TEPPEN)に決まった。天心の父・弘幸会長が風音のセコンドにつく、異例の同門対決となった。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 天心にとってのRISE最後の試合では、風音だけでなく自身の父とも戦うことになった。

 普段は天心はもちろん、風音も弘幸会長の指導を受けている。天心は「今回、自分の中のテーマとしては父親を超えようかというところ。『試合をやるか?』と聞かれたときに、すぐ『やる』と。セコンドとかサポートも、相手サイドにつけて、『俺を超えてくれ』という話をした。父親は風音サイドについてもらおうかなと。大舞台での親子喧嘩(けんか)ですね。手加減しなくていいので。しっかりとそこは見せたい。そこがテーマですよね」と言葉をつないだ。

 天心の相手に風音が決まった理由には、弘幸会長からも推薦があったという。いわば父が選んだ相手だ。

 風音も「(セコンドにつくと)最初からずっとそう言ってくれている。ぼくは那須川会長の弟子なので、会長のやりかた、戦い方で天心選手を倒してやろうかなって思っています」と意気込み、さらに「誰よりも弱点も強いところも知っているのが会長。そこを聞いています」と続けた。

 6月には武尊との世紀の一戦を控えている天心。誰よりも自身のことを知り尽くす、“同門タッグ”を相手にRISE卒業を飾れるのか。思わぬ難敵が立ちはだかった。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください