バカリズムが明かす「架空OL日記」誕生秘話…「主人公は坂井真紀がモデルだった」

映画「架空OL日記」(2月28日公開、住田崇監督)の完成披露試写会が4日、都内で行われ、お笑い芸人のバカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、坂井真紀、住田崇監督が登壇した。

登壇した(前列左から)山田真歩、臼田あさ美、バカリズム、夏帆、佐藤玲、(後列左)住田崇監督、坂井真紀、三浦透子、シム・ウンギョン
登壇した(前列左から)山田真歩、臼田あさ美、バカリズム、夏帆、佐藤玲、(後列左)住田崇監督、坂井真紀、三浦透子、シム・ウンギョン

ブログから始まりドラマ化、ついに映画化に「本当に夢みたい」

 映画「架空OL日記」(2月28日公開、住田崇監督)の完成披露試写会が4日、都内で行われ、お笑い芸人のバカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、坂井真紀、住田崇監督が登壇した。

 本作は、バカリズムが2006年から3年の月日をかけて、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそりつづっていたブログを書籍化したものである。その後、2017年にはドラマ化され、バカリズムがOL役として主演、脚本を務めた。同作は第36回向田邦子賞などを受賞するという快挙を成し遂げている。

 ブログから始まり、ドラマ化され、ついに映画化となった今作について聞かれたバカリズムは「本当に夢みたいですし、ドラマのときからそうだったんですけど、この作品は現場が楽しくて、空き時間とかもみんなで一緒にお弁当を食べたりして、楽しい時間を過ごさせていただいたので、感覚的には、みなさんに思い出ビデオを観せている感じで恥ずかしいです。本編なんだけど、メイキングみたいで、それくらい本番と空き時間の空気感が同じでした」とコメントした。

 出演者とはドラマぶりの再会となったが「感覚的に一番近いのは、夏休み明けの初日の感じですね。ちょっとソワソワしてて。うっすらみんないい恰好していて、会っていない間にバージョンアップした私を見てみたいな感じがしましたね。でも、撮影が始まったら昔の空気に戻ったんですけど、ちょっとみんなソワソワしている感じはありました」と振り返った。

 夏帆は「再会した時は気恥ずかしさがありました。すぐ打ち解けているんですけど、お互い探り合いみたいなところもありました」と話した。臼田は、「会社の制服を着てお芝居が始まったらあっという間に戻れましたけど、それまでは照れくさくて、どんなテンションで話しかけたらいいのかわかりませんでした」と明かした。

 映画からキャストとして参加した坂井は「撮影は本当に楽しかったです。自分が観ていたドラマのままで、控室でもみんなそのままで楽しかったです。すごく作品が好きだったので、私のせいでつまらなくなっちゃったらどうしようとか考えてしまって、すごいプレッシャーもありました」と明かした。

 坂井と共演することになったバカリズムは、「もともとブログを30歳のときに書いていた架空日記で、そのときの出演者がマキちゃん(夏帆が演じた役名)なんですよ。そのマキちゃんの名前は坂井真紀さんから取っているんですよ」と説明した。続けて「このときのマキちゃんのイメージは、当時の坂井さんのイメージなんです」と告白。坂井が「当時?」と不満そうな表情をすると、バカリズムは「元気な感じの…。いや、今が元気ないわけじゃなくって。今は大人になっていらっしゃるので」と慌てて釈明。続けて「坂井さんがモデルだったんですよ。だからやってくださると知ったときは嬉しかったですし、感慨深かったですね」と明かしていた。

次のページへ (2/2) 豪華女優陣が集結!
1 2