【ズバリ!近況】家族愛の歌「home」ヒットさせた木山裕策さんはシェアオフィス通いの日々

2008年、39歳という年齢で歌手デビューし、デビュー曲「home」がヒットした木山裕策さん(51)。優しい歌声で温かい家族愛を歌い、多くの人の心を打った。加えて、がんを乗り越え、会社勤めをしながら歌手活動をしている、という異色さも多くの人の記憶に刻まれた。木山さんはその後も“兼業歌手”を続けてきたが、昨年、大胆な決断をしたという。木山さんに詳しい話を聞いた。

「40代は思ったより早く過ぎてしまった」と語る木山裕策さん
「40代は思ったより早く過ぎてしまった」と語る木山裕策さん

事務所も会社も辞めちゃった

 2008年、39歳という年齢で歌手デビューし、デビュー曲「home」がヒットした木山裕策さん(51)。優しい歌声で温かい家族愛を歌い、多くの人の心を打った。加えて、がんを乗り越え、会社勤めをしながら歌手活動をしている、という異色さも多くの人の記憶に刻まれた。木山さんはその後も“兼業歌手”を続けてきたが、昨年、大胆な決断をしたという。木山さんに詳しい話を聞いた。

 実は、去年11月にデビューからずっとお世話になっていた事務所を離れました。50歳になったのをきっかけに、これからの10年の過ごし方をちゃんと考えたい、と思ったんです。30代は会社員として昼夜かまわず働きどおしで、39歳でデビュー、40代は会社員と歌手活動を並行し、ほとんど休みなく走り続けてきました。で、思ったより40代が早く過ぎてしまった。この調子で50代を生きていいのかと、この1年、ずっと考えていました。

 そうして出した結論が、“これからの10年は歌を中心に組み立てたい”。60歳になってからでは、体力が衰えているかもしれない。ならば最後にもう一回、ここで自分のやりたいことを整理しようと、勤めていた会社も辞めました。僕は息子が4人いて、一番下の子はまだ中学1年生。「大丈夫ですか!?」って周りにずいぶん心配されます。言われるうちに、僕も不安に……もともとあまり後先考えずに突っ走ってしまう性格なんで(笑)。でも、今は歩き始めたばっかりだから、ワクワクのほうが大きいですね。

歌とお話でメッセージを伝えていきたい

 事務所を辞める必要はなかったのでは、と思われるかもしれませんが、僕はいったんここでリセットして、ゼロから新しいスタートを切りたかったんです。“ゼロスタート”をしたがるのは、僕のクセのようなものですね(笑)。そして、小規模でもいろんなところで、たくさんやりたいことがある、というのも理由です。大きな事務所にいると、小規模な仕事ばかりを増やしては、迷惑をかけてしまうかもしれないので。前の事務所でお世話になった、私のプロデューサー(tearbridge productionの伊東宏晃社長)とは今も関係は変わらずに音楽やお仕事の面でずっと支えてくれているのでとても感謝しています。

 やりたいことは歌を軸にいろいろあって、もちろん食べていくために営業のお仕事もやっていきますが、ひとつはいろんな世代の人たちに歌とお話でメッセージを伝えていきたい。もともと人前に出るのは苦手だったんですけど、会社員として管理職を経験してから、人と接してメッセージを伝えることはすごく意味があることなんだと気づいたんです。

次のページへ (2/4) 会社員経験が生かされそうなこれから
1 2 3 4