高杉真宙、人見知り克服のためサラリーマン願望激白!「営業をやりたくて…名刺作りたい」

映画「前田建設ファンタジー営業部」(公開中)の公開記念舞台あいさつが1日、都内の映画館で行われ、主演の高杉真宙、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明(おぎはやぎ)、英勉監督が登壇。爆笑トークを繰り広げた。

(左から)上地雄輔、高杉真宙、岸井ゆきの
(左から)上地雄輔、高杉真宙、岸井ゆきの

映画「前田建設ファンタジー営業部」舞台あいさつ 

 映画「前田建設ファンタジー営業部」(公開中)の公開記念舞台あいさつが1日、都内の映画館で行われ、主演の高杉真宙、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明(おぎはやぎ)、英勉監督が登壇。爆笑トークを繰り広げた。

 本作は、アニメ「マジンガーZ」の地下格納庫兼プールの建設設計に七転八倒しながらも本気で挑んだ、サラリーマンたちの実話から生まれた。“実際には作らない”が、設計図を出して見積書を完成させるプロジェクトだ。高杉と岸井らは、翻弄されながらも技術力を駆使して立ち向かう社員役を演じた。

 この日は、和気あいあいとしたトークセッションが展開。司会が「サラリーマンOLになったとしたら何をしたいか」という質問を高杉にすると、すかさず小木が「高杉君の話はどうせつまらないから」とのっけからジャブを繰り出す。高杉は「しゃべらせてくださいよ」と言いながら、「僕、営業部やりたいです。人見知りですけど、営業をやりたくて。人見知りが治るかなと思って……もういいですか」と恥ずかしそう。上地が「本当につまんねえ、終わり?(笑)」とツッコミ。高杉は「名刺作りたいです、克服したいです」と話した。上地が「でも、真宙はご飯連れてってくださいと誘ってきてくれる」と、普段の様子を明かした。

 自分が“オタク”なことについて質問されると、高杉は「注目されると恥ずかしいんですけど、僕はゲームと漫画とアニメが好きなんで。でも、みなさんゲームはしないですよね?」と話すが、全員がしーん。岸井が「私は撮影中に、村を作るゲームをやっていましたが、無関心でしたね」となんとか話題を広げる。「僕は……そんな感じです」と高杉。ここで司会から好きなジャンルを聞かれると、返答に戸惑う高杉に上地が「(映画のタイトルになぞらえて)ここはファンタジー系でしょう!」とすかさずアドバイス。高杉は「ファンタジー系が好きです!」と答えて、「(上地は)頭いいですね」とぽつり。漫才のようなシーンもあった。

次のページへ (2/2) 英監督、またも無念
1 2