天心VS亀田 那須川天心“試合後囲み取材”詳報「ラスベガスのリングに立ちたい」

キックボクシングの那須川天心(20)とプロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が6月22日、都内で「AbemaTV1000万円シリーズスペシャルマッチ」を行い、天心がKOされずに1000万円を守った。以下、AbemaTVでは、生中継されなかった試合後の那須川天心の囲み取材を詳報する。

【写真:山口比佐夫】
【写真:山口比佐夫】

那須川天心に聞く

 キックボクシングの那須川天心(20)とプロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が6月22日、都内で「AbemaTV1000万円シリーズスペシャルマッチ」を行い、天心がKOされずに1000万円を守った。以下、AbemaTVでは、生中継されなかった試合後の那須川天心の囲み取材を詳報する。

――やってみた感想は。

「技術とか、闘いの中の攻防というよりかは、一番、気持ちを感じた。今まで戦ったことがないような感覚だった。気迫がすごく伝わってきた。最後の3ラウンドの残り1分は、自分は足を使うスタイルなのですが、慣れない打ち合いを仕掛けようという気持ちになりました」

――ヘッドギアを取ることに抵抗はなかったか。

「全くないですよ。試合前は考えたりしましたが、試合になったら一切考えない。全部出し切ろうと。亀田選手が(ヘッドギアを)取ってくれたので、やるしかないなと思いました」

――ヘッドギアを取る前と後で変わったことはあったか。

「より迫力を感じました」

【写真:山口比佐夫】
【写真:山口比佐夫】

――倒せそうな感覚はあったか。

「倒せそうな感覚があったが、そうさせてくれなかった亀田選手はやはり強かったですね」

――戦前の勝敗予想は、亀田さんが優位だったが、どう思っていたか。

「『見ていろよ』というのはありましたね。みなさんに(強さの)証明はできたかなと」

――ボクシングへの転身をどう考えているか。

「考えたりしますが…。例えば、自分が今いったら、まだ後悔するんじゃないかというのはある。キックボクシングが盛り上がってきているので、ここで自分が抜けるのはどうか。今、自分が少しは盛り上げられていると思うので、今抜けるべきではないと思う。欲を言えば、両方やりたいです。(今日の試合では)自分の技術は出せたかと思う。欲を言えば、両方やりたいです」

――亀田選手はボディうちがうまかったのですが、今日は、それが出なかったのか、出させなかったのか、やりづらかったのか。

「それは、自分が出させなかったと思います。出す距離の前に、自分が止めることをやっていた」

次のページへ (2/2)
1 2