人気声優の内田夕夜&三木眞一郎「X-MEN」最後の思いを語る「さみしいです」

人気声優の内田夕夜(53)と三木眞一郎(51)が6月20日、東京・新宿で行われた映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」(6月21日公開)の吹き替え声優スペシャルトークショーに登場した。

トークショーを行った内田夕夜と三木眞一郎(右)
トークショーを行った内田夕夜と三木眞一郎(右)

「X-MEN:ダーク・フェニックス」吹き替え声優スペシャルトークショー

 人気声優の内田夕夜(53)と三木眞一郎(51)が6月20日、東京・新宿で行われた映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」(6月21日公開)の吹き替え声優スペシャルトークショーに登場した。

 プロフェッサーXの吹き替えを担当した内田は「正直最後はさみしいです。次はどうなるんだろうと楽しみにやってきた。2度とやれることはないんだなと思う反面、いい終わり方ができたと思っている」と語った。これまでで、好きだったセリフを問われると、「君はここで君自身より大きなものの一部になれる」と答えた。

 また、マグニートーの吹き替えを担当した三木は「今回で終わりかと思うと寂しい思いでいっぱい。(最後は)声優祭りになっております。安心して観て頂きたいと思います」と呼びかけた。マグニートーは悪役だが、「意外と愛の人ではないか」と振り返った。

(ENCOUNT編集部)