岡田武史氏「子どもたちに広げるべき」 制作した環境冊子がハローキティ主演で映像化

元サッカー日本代表監督で、J3のFC今治のオーナーと代表取締役会長を務める岡田武史氏が16日、都内で行われた国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」内の「BRANDED SHORTS 2021」に登壇した。

イベントに登壇した岡田武史氏【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇した岡田武史氏【写真:ENCOUNT編集部】

元サッカー日本代表監督でFC今治のオーナーと代表取締役会長を務めている

 元サッカー日本代表監督で、J3のFC今治のオーナーと代表取締役会長を務める岡田武史氏が16日、都内で行われた国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」内の「BRANDED SHORTS 2021」に登壇した。

「BRANDED SHORTS」は、企業や団体がブランディングを目的に制作したショートフィルムを表彰する部門で、2022年からはデジタルエージェンシー「Deloitte Digital(デロイト デジタル)」をパートナーに迎え「デロイトデジタルアワード」を新設。デロイトデジタルと親交がある岡田氏が代表を務めるFC今治がタッグを組み制作した小学生向けの環境教育冊子「わたし、地球」をハローキティ主演でショートムービー化した。この日はその動画も初お披露目された。

 40年以上環境保護活動を行っているという岡田氏は「富良野の倉本聰先生が『富良野自然塾』という素晴らしい環境教育プログラムをやっていて、手伝っているうちに今治にも作った」と、愛媛・今治で環境教育活動をすることになったきっかけについて明かした。

 今回のムービーの原作となった冊子は「(活動を)子どもたちに広げるべきだ」として制作されたもので、岡田氏は「僕には似ても似つかないキティちゃんというかわいいものと合体させてフィルムにして出すことによって、SDGs(持続可能な開発目標)や環境を考える機会を提供できるんじゃないか」とムービーの手応えを語っていた。

次のページへ (2/2) 【写真】ハローキティと一緒にポージング…岡田武史氏らの集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください