【ズバリ! 近況】腎臓移植で復活の電撃・南部虎弾がドナーの妻への愛と田代まさしへの無念激白(後編)

過激なパフォーマンスで海外でも活躍するお笑いパフォーマンスユニット・電撃ネットワーク。リーダー・南部虎弾さん(68)は糖尿病を患い、この春には末期腎不全になり、夫人から腎臓をもらって移植し話題になった。不死身のイメージの南部さんは大手術から見事、復活。愛妻のこと、全盛期の給料、社会復帰を支えてきた田代まさし容疑者について、今の思いを語った。

愛妻の写真をタブレットに保存【写真:山口比佐夫】
愛妻の写真をタブレットに保存【写真:山口比佐夫】

 過激なパフォーマンスで海外でも活躍するお笑いパフォーマンスユニット・電撃ネットワーク。リーダー・南部虎弾さん(68)は糖尿病を患い、この春には末期腎不全になり、夫人から腎臓をもらって移植し話題になった。不死身のイメージの南部さんは大手術から見事、復活。愛妻のこと、全盛期の給料、社会復帰を支えてきた田代まさし容疑者について、今の思いを語った。

毎日のように19歳年下の夫人が見舞ってくれた

 カミさんとはボクが38歳、カミさんが19歳のときに結婚しました。カミさんは若干、普通の女性と価値観が違うのかもしれませんね。ボクはよく学園祭に呼ばれて行くんですけど、19歳といえば、夜中じゅう騒ぎたくてしかたがない年代でしょ。でも、カミさんは全然そんな感じではありませんでした。結婚してからも、ボクが仕事で年に半年は海外に行っていても、浮気はしていないようでしたよ(笑)。子どもはいません。寂しかったのか、ずいぶん酒を飲んだ時期もあったみたいですけどね。

 ボクが病気になってからは、「前より一緒にいる時間が増えた」って喜んでいます。入院したときも、病院に来ない日はほとんどなかったですよ。腎臓提供はカミさんから言い出してくれました。ボクからは言い出せなかったので感謝です。ヘビースモーカーだったのに、腎臓提供するには禁煙しなきゃいけないから、禁煙もしてくれました。カミさんも術後の体調は良いようですよ。

今も酒は毎日グラスで10杯飲んでいる

 若いときは無茶したボクも、今は健康には気を遣うようになって、「ガッテン!」(NHK)とかテレビの健康番組をよく見るようになりました(笑)。それで食事についての知識なんかを得て、筋肉をつける工夫をしたり、朝食を生野菜のサラダにしたり。昼と夜は毎日のように外出するので、外食でもなるべく野菜のつまみをとるようにしています。酒は毎日 (笑)。血糖値が上がらないように、芋焼酎のソーダ割りを飲むようにしていますよ。1日グラスで10杯ぐらい。タバコは吸ったことがありません。

 長生きできればいいというものでもないし、やりたいことをやってきて思い残すことはないから、できるだけ前と同じように仕事をしたいですね。だって、すごく楽しいんですよ! あと何年できるかわからないですけど、1年できたら1年もうけた、2年できたら2年もうけた……そんなふうに思っています。

次のページへ (2/3) 信じて支えてきた田代まさしへの思いは
1 2 3