大仁田厚が”大鵬の孫”を電流爆破葬 爆破甲子園は邪道の独壇場に

「エネワンでんき presents 爆破甲子園2019」(17日、神奈川・鶴見青果市場)で、“邪道"大仁田厚(62)が“大鵬の孫"納谷幸男(25)を電流爆破バットで沈めた。

大仁田の電流爆破バットが青木に命中
大仁田の電流爆破バットが青木に命中

「爆破甲子園2019」鶴見青果市場決戦

「エネワンでんき presents 爆破甲子園2019」(17日、神奈川・鶴見青果市場)で、“邪道”大仁田厚(62)が“大鵬の孫”納谷幸男(25)を電流爆破バットで沈めた。

 次世代を担う電流爆破ファイター、“爆児(ばくじ)”を誕生させることを目的としたメインイベントの電流爆破マッチ。当初、6人タッグで予定されていたものの、出場枠をかけて納谷、朱崇花、今成夢人、FUMAで争われたトーナメントは大仁田の「負けた奴にもチャンスをやってほしい!」とのひと言で、全員が出場権を獲得。試合は大仁田、新井健一郎、朱崇花、今成組VS高木三四郎(49)、青木真也(36)、FUMA、納谷組の8人タッグ戦に変更となった。

 大仁田と納谷との組み合わせはもちろん、”バカサバイバー”青木との初遭遇も注目される中、従来の3倍もの火薬が仕込まれた電流爆破バットが4本も使用されたメインイベントは言いようのない緊張感に包まれる。大仁田は得意の場外戦で暴れ回ったが、リング上でテーブルに叩きつけられ大ピンチに陥る。1度目の爆破こそ“邪道信者”今成が身代わりとなったものの、納谷に羽交い締めにされ、青木から2本目の爆破バットを被弾してしまう。それでも、どこまでもしぶといのがこの男。青木のスリーパーホールドを耐え抜くと、毒霧を浴びせて爆破バットをフルスイング。そして、最後の1本を手にするや、この日一番の大爆発で納谷を葬ってみせた。

青木の裸絞めに苦戦した大仁田
青木の裸絞めに苦戦した大仁田

 貫禄の勝利を収めた大仁田は「最後は自分で這い上がっていくしかないんじゃ!大鵬の孫というのも何回も使えんぞ!」と納谷を叱咤。ボロボロの姿になった納谷は「これで終わりじゃねぇよ!電流爆破、もう1回やりましょう!」と気力を振り絞って再戦を求めた。一方、電流爆破を初体験した青木は「あれは麻薬だね」と感想を語った。

 なお、爆破甲子園の優勝者について大仁田は、1回戦で納谷を破り、決勝でチームの勝利に貢献した朱崇花と説明した。

次のページへ (2/2)
1 2