馬場ふみか “下からショット”初体験に大満足「足が長く見えていい」

女優の馬場ふみか(24)が17日、都内で「ばばたび」(集英社)刊行記念イベントを行った。

お気に入りのページを紹介した
お気に入りのページを紹介した

初の紀行本「ばばたび」刊行記念イベント

 女優の馬場ふみか(24)が17日、都内で「ばばたび」(集英社)刊行記念イベントを行った。

「女子旅」をテーマにした初の紀行本で、オーストラリアのケアンズとメルボルンで撮影した。「グラビアでいつも旅している。その旅をメインに作りたいと思った」という馬場は、オーストラリアの大自然を存分に満喫。念願のコアラとも対面し「赤ちゃんみたいでした。思ったより毛が柔らかくて暖かった」と振り返った。

 お気に入りのショットは、ケアンズ郊外の巨岩をバックにワンピースの水着姿の馬場を下から捉えた一枚で「下から撮った写真が今までなくて。場所的にすごい面白い写真が撮れた」と自画自賛。感想を問われると「足が長く見えていいなと思いました」とほほ笑んだ。

黒のセットアップで登場した
黒のセットアップで登場した

 女子旅をイメージしたとあって、水着も男子目線を意識することなくチョイスした。「実際、男の子と一緒にプール行くんだったら、これは着ないなというのがある。女の子とだったら、女の子にかわいいと言ってもらえる水着が着れる。攻めたキラキラがあったり」。この日も普段、男子受けするワンピースではなく、黒のセットアップと中は白地のTシャツにまとめ、飾らない一面をアピールした。

 本の出来栄えに点数をつけると「80点。これからももっといいものが作れたら」と謙虚に語り、向上心ものぞかせた。

次のページへ (2/2) セクシーな水着ショットも
1 2