日本エレキテル連合が映画デビューも、今後の女優業は「ダメよー、ダメダメ!」

映画「実りゆく」(八木順一朗監督)の公開記念舞台あいさつが10日、都内の吉祥寺オデヲンで行われ、お笑いコンビ「日本エレキテル連合」の中野聡子と橋本小雪が撮影の裏話を披露した。

イベントに登場した「日本エレキテル連合」の(左から)中野聡子、橋本小雪【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した「日本エレキテル連合」の(左から)中野聡子、橋本小雪【写真:ENCOUNT編集部】

冒頭から「ヒロインを務めた小野真弓です」「山本學です」とボケる…映画「実りゆく」公開記念舞台あいさつ

 映画「実りゆく」(八木順一朗監督)の公開記念舞台あいさつが10日、都内の吉祥寺オデヲンで行われ、お笑いコンビ「日本エレキテル連合」の中野聡子と橋本小雪が撮影の裏話を披露した。

 本作は、芸能事務所「タイタン」のマネジャーである八木氏が企画・監督し、若手漫才コンビ「まんじゅう大帝国」の竹内一希が主演を務めた、芸人を目指す主人公・実とその父親(田中要次)の物語。日本エレキテル連合の2人、竹内の相方・田中永真にとっても映画デビュー作となった。

 冒頭のあいさつから、橋本が「ヒロインを務めた小野真弓です」、中野が「山本學です」と、この日不在の共演者の名前を出してボケると、「まんじゅう大帝国」の2人がツッコミを入れ、軽快なトークを展開した。映画デビューの感想を聞かれた橋本は、「いつもコントをやっているけど、全然演技が違かった。どうしてもふざけたくなっちゃうというか、コントのクセが抜けずに大変でした」とコメント。女優業の継続について聞かれると、「ダメよ~ダメダメ」と懐かしのフレーズで会場を笑いに包んだ。

 一方、スナックのママを演じた中野は、「私だけ好きにやっていいと言われたので、裏設定を勝手に決めました。アソコにピアスがついているという裏設定を。お芝居に出ているので見てください」と満足そうな様子。八木監督が「スピンオフが作れそうですね」と発言すると、中野は「ピアスの数、増やしておきます!」と期待を膨らませていた。

 また中野は、「この映画はいろんなものが実る映画でした。監督の夢も実りましたし、私も実りまして、結婚しました」と幸せそうな笑顔。続けて、舞台あいさつに訪れた観客に「おうちに帰ったら5人に勧めてください。そうすれば実りますんで」とアピールをしていた。

 本作の映画は、新宿武蔵野館ほか全国で公開中。「まんじゅう大帝国」、「日本エレキテル連合」の事務所の先輩である「爆笑問題」の太田光と田中裕二も特別出演している。

次のページへ (2/2) 【写真】シュウペイポーズを決める「日本エレキテル連合」の別カット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください