さくら学院卒業生の堀内まり菜、アーティストデビュー「心の真ん中にある音楽を信じる」

成長期限定ユニット「さくら学院」の卒業生で現在は女優・声優として活動している堀内まり菜のアーティストデビューが決定した。

堀内まり菜
堀内まり菜

小学館「ちゃお」のモデルでデビュー、成長期限定ユニット「さくら学院」卒業生

 成長期限定ユニット「さくら学院」の卒業生で現在は女優・声優として活動している堀内まり菜のアーティストデビューが決定した。

 1998年4月29日、東京都生まれの堀内。2007年に「ちゃおガールオーディション 2007」で入賞し、小学館「ちゃお」のモデルとして活躍。10年から「さくら学院」のメンバーとして活動を始め、13年度生徒会長(リーダー)を務めて、グループの規則として中学3年生で卒業した。その後、声優・アーティストになりたいという夢を掲げ、Eテレ「くつだる」メインキャストへの抜擢(てき)から始まり、「ライブレボルト」、「IDOL 舞 SHOW」など経験を積んできた。

 22歳を迎えた今年4月29日の誕生日を期に、YouTubeチャンネルを開設。音楽は「自分の軸」と語る堀内は、自身からあふれ出る思いを歌にした自作楽曲のアップを始め、音楽活動がスタートする。

 DEMO音源ながら定期的にアップしている楽曲は、今までの経験で培った表情豊かな歌声と、唯一無二の世界観にあふれている。その楽曲たちを中心に収録したデビューアルバム「ナノ・ストーリー」が2021年3月10日に発売されることも決定した。

 聴けば聴くほどその魅力に引き込まれていく“まり菜ワールド”に注目が集まりそうだ。

 堀内は「この度、今まで心の中で描いていた世界を、音楽にするチャンスを頂くことができました。改めて、いつも温かく応援して下さるファンの皆様に支えて頂いたおかげだなと、感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝の言葉を述べ、「私の心の真ん中にある音楽を信じて、ここでしか描けない世界を創り出して行きたいと思っています。これまでに見たことのないような音楽の冒険へ、みなさんをお連れします!どんな時も自由に楽しめる音楽を奏でていきたいです」とコメントした。

次のページへ (2/2) 【写真】堀内まり菜の全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください