全長約120メートル実物大ゴジラが淡路島に上陸「本当に度肝抜かれる巨大さ」

「対ゴジラ細胞シューティング」アトラクション【写真:(C)TM & (C) TOHO CO., LTD.】
「対ゴジラ細胞シューティング」アトラクション【写真:(C)TM & (C) TOHO CO., LTD.】

松尾諭「一刻も早く淡路島に行きたい!」

 アトラクション映像に出演した女優の山崎紘菜は「普段なら絶対に近寄る事のできないゴジラ。そのゴジラにこんなにも近づき、迫ることができるなんて。私を含め、世界中のゴジラファンにはたまらない体験なのではないでしょうか。私が研究員として出演させて頂いた、新たなゴジラの歴史を知る事のできるこの映像も必見です。皆さんがゴジラ迎撃作戦のメンバーとして加わられる事を心よりお待ちしております!」とコメント。

 また、俳優の松尾諭は「あのゴジラが僕の出身地である兵庫県に出現したのも驚きましたが、まさかそのゴジラの体内にまで入ってあんな事やこんな事を…一刻も早く淡路島に行きたい!」と興奮気味。

 中川和博監督は「ゴジラに会いたい! もはやそれは夢ではありません。淡路島には活動休止中のゴジラがいるのです。本当に度肝抜かれる巨大さです。淡路島にゴジラ? どうやって活動停止に? そんな謎を解き明かす大迫力の映像にもご期待ください!」」とメッセージを寄せた。

 同アトラクションのオープンに合わせ、ウェブ予約者限定のオリジナルポストカード付きチケットが9月25日より発売となった。

次のページへ (3/3) 大迫力のジオラマや体内ジップライン
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください