新田真剣佑 サプライズケーキに大はしゃぎ 初主演舞台は「素晴らしい作品にしたい」

岸谷五朗(55)・寺脇康文(57)が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の製作発表記者会見が6日に行われ、舞台初主演を務める新田真剣佑(22)らが出席した。

「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の製作発表記者会見に集まった出演者
「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の製作発表記者会見に集まった出演者

「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」製作発表記者会見

 岸谷五朗(55)・寺脇康文(57)が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の製作発表記者会見が6日に行われ、舞台初主演を務める新田真剣佑(22)らが出席した。

 今作は2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された歴史ファンタジー作品で、この祝祭公演は岸谷が脚本を書き直し、初演時よりミュージカル要素をアップ。さらに、岸谷と寺脇以外は新キャストとなり、新演出版で蘇るという。

 主役の記憶をなくした青年・シャチを演じる新田は、この日初めてキャストに囲まれ大興奮の様子。初主演舞台へ向け「日本に来る前、この作品を観て衝撃を受けました。再演の主演をやらせていただき、本当に幸せです。まだ実感はありませんが素晴らしい作品にしたいと思います」と意気込みを語った。

 会見では、10年前にシャチを演じた三浦春馬(29)からのビデオメッセージを上映。「マッケン(真剣佑)が演じる新たなシャチとして、きっと成功を収めると予感しています。当時の自分、今のマッケンの実力からすると優に超えてくる、そういう期待感が大きいです。マッケンの実力で皆を引っ張っていてほしいなと思っています」という三浦からのメッセージを受け、「後で動画ください(笑)」と目をキラキラさせる新田。「前作を超えるような作品にしたいというか、しなくてはいけないと思いました」と気を引き締めていた。

 さらに、11月16日は新田の誕生日ということで、サプライズ・バースデー・セレモニーが行なわれ、新田は子供のように大はしゃぎ。「写真撮っていいですか」とスマホを取り出し、共演者、バースデーケーキと記念撮影をしていた。

 また、主題歌は初演に続きEXILEの「愛すべき未来へ」を採用。今作に出演するEXILE・松本利夫(44)は「実を言うと今、ボイストレーニング始めています。人生初めてなんですけど。胸を張ってハモれるように頑張ります」とコメント。EXILEではパーフォーマーとして活躍した松本の歌声にも注目が集まる。

 他にも、笹本玲奈、湖月わたる、愛加あゆ、島ゆいか、森公美子など、豪華キャストが出演。「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」は、2020年3月10日から4月13日まで舞浜アンフィシアター、5月3日から5月14日まで大阪・フェスティバルホールにて上演される。

次のページへ (2/2) 【写真】舞台初主演の新田真剣佑
1 2