ファンもメンバーも惚れる優しさ 卒業発表のSKE高柳明音が届けた“等身大の想い”

卒業を発表した今だからこそ届けたい歌があったーー。10月31日、東京・赤坂ACTシアターで開催された「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。AKB48卒業を発表した矢作萌夏(17)の優勝で幕を閉じた今大会には、同じく卒業を控える中でファイナルに進んだメンバーがいた。SKE48高柳明音(27)だ。彼女の歌唱には、ファンに伝えたい想い、優しさがあふれていた。

想いを込めて熱唱したSKE48高柳明音
想いを込めて熱唱したSKE48高柳明音

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」 “自分が歌える曲ではなく歌いたい曲”で優しさにあふれた歌唱

 卒業を発表した今だからこそ届けたい歌があったーー。10月31日、東京・赤坂ACTシアターで開催された「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」。AKB48卒業を発表した矢作萌夏(17)の優勝で幕を閉じた今大会には、同じく卒業を控える中でファイナルに進んだメンバーがいた。SKE48高柳明音(27)だ。彼女の歌唱には、ファンに伝えたい想い、優しさがあふれていた。

 2大会連続の決勝大会進出となった高柳は、“自分が歌える曲ではなく歌いたい曲”でファイナルに臨んだ。1曲目に披露したのは男性シンガーKの「Only Human」。気持ちが込められた歌唱、歌詞のひとつひとつが胸を打ち、グループ卒業への決意も感じさせた。そして、最終決戦で歌った今井美樹の「PIECE OF MY WISH」は、語りかけるように歌い上げ、会場を優しさで包み込んだ。練習の際、何度も感情移入しすぎて泣きそうになったという彼女。この決勝大会でも「無理でした」と感情を抑えることはできなかった。しかし、分かっていても感情的になってしまうのが、高柳明音というアイドルなのだ。

 歌唱を終えた高柳は「緊張したけど、きっとみんなに伝わっているんじゃないかと思うし、いろんなことが思い蘇って、この曲だけじゃ伝え切れないかもしれませんが、精一杯みんなへの『ありがとう』を込めたので届いていたらうれしいです」とメッセージ。さらに、笑顔でこう続けた。「みんなが応援してくれた思い出だけじゃなくて、これからの人生の中で、いつかみんなが積み上げてきたことが急に崩れてしまう日が来るかもしれないけど、私はちゃんとみんなが私のことを本気で応援してくれて、愛してくれて、私のファンの方以外も、こうやってみんなが歌を聴いてくれたので、とてもうれしかったし、みんながいつか悩んだりした時に、この歌を私の声で思い出してくれたらうれしいです」。何度も“みんな”と繰り返したのが印象的だった。

高柳の熱唱に涙を流したSKE48須田亜香里
高柳の熱唱に涙を流したSKE48須田亜香里

いつか歌いたい、もう1つの候補曲「その曲が何だったのかは内緒です」

 ファンだけではなくメンバーにも想いは届いていた。涙を流して歌唱を見届けたのは、SKE48の須田亜香里(28)。「ファンの方や私達メンバーは『ちゅりさん(高柳のニックネーム)はどうして自分のために生きないんだろう、もっと自分に正直になりなよ』といつも思っているけど、でもこの優しさこそがちゅりさんの良さだし、私達が惚れたちゅりさんだと思ったので、ちゅりさんがまんま伝わってきました」と等身大の高柳明音を讃えた。

 優勝こそ叶わなかった高柳だが、最終結果は第4位。元々歌が得意ではなかったという彼女にとって、この結果は支えてくれるファン、想いを届けたいファンがいたからこその結果だ。そして大会の3日後、自身のインスタグラムを更新した高柳は、決勝大会で歌いたかった“もう1つの候補曲”があったことを明かした。最初に「PIECE OF MY WISH」の歌唱を決め、2曲目は悩んだ末に「Only Human」を選択した経緯を説明。この投稿には「もう一曲の方もめちゃくちゃいい曲なんですよ… いつかこんなエピソードを交えて どこかで歌いたいな 歌えたらいいな それまでその曲が何だったのかは内緒です」と綴られていた。

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は、今年選抜総選挙が開催されなかったこともあり、よりメンバーとファンの絆が感じられる大会となった。高柳は来年3月15日、横浜アリーナでの卒業コンサートが発表されている。彼女が卒業後も歌い続けるかは分からない。しかし、この先もずっと歌い続けてほしい。なぜなら、彼女にはまだまだファンに届けたい歌と愛があるから。

(イシイ ヒデキ)

次のページへ (2/2) SKEの仲間も“もらい泣き”
1 2