瀬戸内から世界へ―新生STU48“アイドル戦国時代”の中で見据える次なるビジョン

瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)を拠点とするアイドルグループ「STU48」が、新たな一歩を踏み出した。27日に広島市内で開催された第2期生オーディション最終審査で合格者25人が決定。新体制で世界に向けた魅力発信を見据える。

STU48第2期生オーディションで合格者25人が決定した【写真:(c)STU】
STU48第2期生オーディションで合格者25人が決定した【写真:(c)STU】

“総選挙"形式のオーディションで第2期生の最終審査通過者25名が決定

 瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛)を拠点とするアイドルグループ「STU48」が、新たな一歩を踏み出した。27日に広島市内で開催された第2期生オーディション最終審査で合格者25人が決定。新体制で世界に向けた魅力発信を見据える。

「少女の夢の扉を開けるのはアナタだ!」
「あなたの1票で彼女たちの運命が変わる!」

 第1期生の最終オーディション実施から約2年半、最終候補生86人が参加した第2期生オーディション最終審査は、“ファンが審査員”となって投票で決定するAKBグループ史上初のシステムが採用された。

 13日~27日の最終審査日当日までの期間中、専用ページとツイッター(「いいね数+リツイート数」の10分の1を最終オーディションの投票数として加算)による投票により、獲得票数上位20人と当日特別枠5人の合格者25人を決定。1位から順番に得票数と名前が発表された際には、約700人のファンが駆け付けた会場は緊張と熱気に包まれ、感極まって涙する人も見受けられた。

STU48第2期生オーディション最終審査の模様【写真:(c)STU】
STU48第2期生オーディション最終審査の模様【写真:(c)STU】

 AKB48Team4所属でSTU48のキャプテンを兼任する岡田奈々(21)は、「投票」「順位付け」を伴った今回のファン参加型オーディションを、AKBグループ伝統のイベントである『選抜総選挙』になぞらえる。

「こういう発表の仕方だと知らなかったので、これは1位から発表されるバージョンの総選挙なんだと思って。見ているほうもすごくハラハラするし、票数も順位も出る。最初のオーディションで総選挙を体感している彼女たちは凄いですよね」

 シングル3作連続でセンターを務める瀧野由美子(22)は、「2年半やってきて、大変なこと、嬉しいこと、たくさんありました。この経験を2期生のみんなに伝えていけたら。よく初心を忘れずに、と言いますが、今日合格して嬉しい気持ち、緊張、頑張ろうという思いをこれからも忘れずに、一緒に活動していけたらと思います」とメッセージを送った。

次のページへ (2/3) STU48を世界中に広めていきたい
1 2 3