野村義男、ジャニーさんを語る「最初は必ずギャグ。『YOU 誰だっけ?』って」

野村義男が歌わない理由とは【写真:荒川祐史】
野村義男が歌わない理由とは【写真:荒川祐史】

よっちゃんがあまり歌わない理由は…「だって、周りに歌がうまい人が多いんだもん」

――しかも、コーラスには80年代、アイドルとして活躍した歌手の桑田靖子さんが参加している。

「靖子は83年の同期。新人賞も何本も取っている本当に歌が上手い人です。THE GOOD-BYEが休止になる前に靖子のバックで合宿レコーディングしたことがあった。3日間ぐらい一緒に生活をして、音を作った。その時に『どういう詞を書いたらいい?』と相談された。『別に好きなことを書けばいいんじゃない』と言っていたんですけども、そのうち、詞を書くのが楽しくなったと話してくれましたね。THE GOOD-BYEが活動休止になってからも彼女のライブに呼んでくれたり、ずっと繋がっていた。ラブソングなので女子がいないとダメだなと思って、靖子にコーラスをお願いしたんです」

――どんどん重ねて作っていった感じなんですね。

「少しずつ作っている場合と、あと何かが足りないぞ、という時に足りないところを補ってくれるのは誰だと思って連絡した場合の2つです」

――野村さんは歌がうまいのに、プレイヤー志向が強く、あまり歌を歌いませんね。理由は?

「いや、歌が苦手なんだって。だって、周りに歌がうまい人が多いんだもん。色んなバンドを作る、色んなレコーディング、セッションに行くたびに、歌がうまい人たちと出会う。その度に、どんどん自分が歌から遠のいていく。僕は『あのぐらい歌いたいな』とは思わないんです。だって、持っているものが違うから。うまい人がいるんだから、その人に歌ってもらえばいいじゃん、というのが考え方。作った曲を自分が歌ったら、誰が最高っていうミュージシャンはたくさんいるじゃない? 僕は、僕よりうまい人が歌ったら、いいと思っている」

――アルバムでの唯一の歌唱曲は「ありがとう」。

「だから、歌わなくてもよかったんですけども、これだけのメンバーが集まってくれたので、お礼をしなきゃいけない。だから、歌の部分が短い曲を、ありがとうの気持ちをこめて歌いました。それは参加してくれた人、あとはここまで聞いてくれた人たちに向かって、ありがとう、ということです」

次のページへ (3/3) ドラムはマッチ
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください