市川由紀乃「いつか歌いたかった」スクール☆ウォーズ主題歌「ヒーロー」を熱唱

歌手の市川由紀乃(43)が21日、東京・中野サンプラザで「市川由紀乃リサイタル2019」を開催した。リサイタルは最新曲「逢いたいなぁ」からスタートし、「海峡出船」「横笛物語」と懐かしい曲を歌い、ファンの意表を突く選曲で大きな盛り上がりを見せた。

ラグビー日本代表に感謝を込めて「ヒーロー」を熱唱する市川由紀乃
ラグビー日本代表に感謝を込めて「ヒーロー」を熱唱する市川由紀乃

「市川由紀乃リサイタル2019」を開催…今年の紅白歌合戦に意欲

 歌手の市川由紀乃(43)が21日、東京・中野サンプラザで「市川由紀乃リサイタル2019」を開催した。

 リサイタルは最新曲「逢いたいなぁ」からスタートし、「海峡出船」「横笛物語」と懐かしい曲を歌い、ファンの意表を突く選曲で大きな盛り上がりを見せた。

 ラグビードラマ「スクール☆ウォーズ」の主題歌の「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」も熱唱。市川は「ラグビー日本代表のみなさんの素晴らしい戦いに、勇気と生きる力、前向きな精神、諦めない心を教わりました。私は幼いころからドラマ『スクール☆ウォーズ』が大好きだったので、いつかこの歌をリサイタルで歌いたいという気持ちがありました」と語った。

 また、今年7月に初座長となった「市川由紀乃特別公演」で島倉千代子を演じた縁もあり、島倉千代子メドレーも披露。さらには、民謡に初挑戦したり、バンド形式での歌唱もあり、これまでの市川と違った一面も見えるシーンもあり、すべてにおいて発見の連続となるステージとなった。

 この時期になると定番の質問として、年末恒例のNHK紅白歌合戦の話も出てくるが、「1年を締めくくる日に舞台に立っていたい気持ちはもちろんあります。残りのラストスパートを自分なりに、自分らしく走れるかが勝負だと思います。無心で走り続けているので、手ごたえとかはわかりません。あまり周りとかを気にしていると、自分を見失ってしまいますので、前だけを向いて頑張ろうという気持ちでいます」とアピールした。

会見で市川は1年を締めくくる舞台に立ってみたいという心境を語った
会見で市川は1年を締めくくる舞台に立ってみたいという心境を語った

次のページへ (2/2) 艶やかなドレスに身を包んだ市川由紀乃
1 2