堀ちえみ「想像を絶する」舌がん大手術から復帰…笑顔で握手にファンも感涙

今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で著書「Stage For~ 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売記念サイン会を行った。

笑顔を見せる堀
笑顔を見せる堀

著書「Stage For~ 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」発売記念サイン会

 今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で著書「Stage For~ 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売記念サイン会を行った。

 堀は現在、舌の治療、リハビリ中のため、この日は質疑応答やトークは行われなかったが、事前にメディアから募集した質問に文書で応じるとともに、直筆の手紙を配布した。メディアからの撮影を受けた後はサイン会を実施。涙を流して復帰を喜ぶファンもいた。

 手紙で、堀は「今年の1月に舌がんが見つかり、2月に手術を受けました。首のリンパ節にも転移があり、10時間以上の手術は想像を絶するほどの大きな手術でした」「6割以上の舌を切除し、そこに太腿の一部を移植した為、まだ言語がおぼつかない状況です」と告白。

ファンとのサイン会を行った堀(左)
ファンとのサイン会を行った堀(左)

 現在の心境については「この病気をして失ったものは沢山ありました。でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちでいます。沢山の皆様に、まだ言葉で伝えられない分、一生懸命文字で綴りました。病気を通して、私が感じた事、ブログにも書けなかった事を、全て正直に文字にしました」と説明した。

 舌がんの「ステージ4」と診断され、今年2月に大手術を受けた堀。つらい痛みやリハビリを乗り越え、出口が見えたと思った先に、今度は食道がんが発覚した。著書では、死の淵をのぞきながら、家族の愛に支えられて生還した心境を初めて明かしている。

 メディアからの質問で、書籍出版のきっかけを問われた堀は「まさか自分が癌になるとは思ってもいませんでした。今までもいろんな病気を、時には受け入れ、時に寄り添いながらも、それなりに克服できたと思っていた矢先の癌告知は、まさに『青天の霹靂』で強いショックを受けました」と吐露した上で、「そんな私をずっと支え続けてくれた、主人をはじめとする家族、ファンの皆様、そして同じく癌と闘っている方々、他の病と闘っている方々に、沢山の感謝の気持ちをお返ししたいと思い、話すことができない分、その気持ちを文字として綴りました」と明かした。

次のページへ (2/2) 堀の直筆手紙
1 2