クラシック音楽は「タテノリのリズム」 松岡茉優がランウェイで生オーケストラと共演

女優の松岡茉優(24)が20日、東京・渋谷で開催された「第12回 渋谷ファッションウイーク」で路上ファッションショーに出演。創造性あふれる衣装に身を包み、華麗なランウェイを披露した。

路上ランウェイショーに出演した松岡茉優
路上ランウェイショーに出演した松岡茉優

渋谷・文化村通りでファッションショー 「自由を表現」

 女優の松岡茉優(24)が20日、東京・渋谷で開催された「第12回 渋谷ファッションウイーク」で路上ファッションショーに出演。創造性あふれる衣装に身を包み、華麗なランウェイを披露した。

 ファッションウイーク最終日のメーンイベントで、 文化村通りで展開された「SHIBUYA RUNWAY」。公開中の映画「蜜蜂と遠雷」に主演した松岡はアンバサダーを務め、映画の撮影に協力したスタンドアップオーケストラの生演奏をバックに、レッドカーペットのランウェイを歩いた。

渋谷は「キラキラしている街」だという
渋谷は「キラキラしている街」だという

 衣装のテーマは「MADE IN SHIBUYA」。松岡は「いろいろな素材を組み合わせて作ってあって、パンツの上にチュールスカートを重ねている。渋谷らしい、自由な感じを表現しました」と説明した。

 東急Bunkamuraを正面に見て歩くランウェイ。渋谷は学生時代からの遊び場で映画や舞台を観劇してきた場所だけに、「いつも遊んでいた渋谷の街。子供の頃からキラキラしている街。最高だなって思えて楽しかったです。ファッションというものをもっともっと楽しみたい」と目を輝かせた。

クラシック音楽は「タテノリ」と表現
クラシック音楽は「タテノリ」と表現

 映画ではピアニスト役を演じた。クラシック音楽にぞっこんのようで、「スタンドアップオーケストラは、移動するオーケストラで新しい。クラシックはタテノリができる。リズムに乗って聴けるものがたくさんある。私たちの心に染み込んできます。クラシックってこんなに距離が近いものと思ってもらえればうれしい」と語った。

 ランウェイでは、新進気鋭のデザイナーや渋谷駅周辺のファッションブランドによるモデルウォーキングも行われた。

次のページへ (2/2) 松岡茉優も感激のランウェイショー
1 2