前澤友作氏、本格レース大会初出場で初優勝の“鮮烈デビュー”「なんとクラス優勝してしまいました」

実業家の前澤友作氏が11日と12日に富士スピードウェイで開催されている「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ジャパン」に出場し、見事に優勝を果たした。

優勝を果たした前澤友作【写真:(C)MAEZAWA RACING】
優勝を果たした前澤友作【写真:(C)MAEZAWA RACING】

「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ジャパン」に出場

 実業家の前澤友作氏が11日と12日に富士スピードウェイで開催されている「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ・ジャパン」に出場し、見事に優勝を果たした。

 前澤氏は第2ラウンドのシェルアマクラスにおいて、初日(レース1)で3位表彰台に、最終日(レース2)においてポールポジションからスタートし、優勝を果たした。

 本格レースの大会には初出場でありながらも、初優勝の“デビュー”を飾った。なお、総合結果は、33台のうち17位。シェルアマクラスでクラス優勝となります。

 前澤氏は自身のXで表彰台の1番高い場所に登る姿を投稿。「なんとクラス優勝してしまいました フェラーリジャパンの皆様、エンジニアの皆様、熱いバトルを繰り広げてくださったドライバーの皆様、FSWの皆様、そして応援してくれた皆様に心より感謝申し上げます そしてMaezawa Racingのみんな!いつもありがとう。今日はゆっくり休んでね」とメッセージをつづった。

次のページへ (2/2) 【動画】優勝を果たした前澤友作氏の姿
1 2
あなたの“気になる”を教えてください