山崎賢人『陰陽師0』で演じた新・安倍晴明に自信 撮影は「本当に最高の時間」と回顧

俳優の山崎賢人が4日、都内で行われた主演映画『陰陽師0(ゼロ)』(4月19日公開)のジャパンプレミアに、バディを組んだ染谷将太、佐藤嗣麻子監督らと出席した。本作にまつわるトークを展開し、会場を盛り上げた。

ジャパンプレミアに登場した山崎賢人【写真:ENCOUNT編集部】
ジャパンプレミアに登場した山崎賢人【写真:ENCOUNT編集部】

主演映画『陰陽師0(ゼロ)』のジャパンプレミア

 俳優の山崎賢人が4日、都内で行われた主演映画『陰陽師0(ゼロ)』(4月19日公開)のジャパンプレミアに、バディを組んだ染谷将太、佐藤嗣麻子監督らと出席した。本作にまつわるトークを展開し、会場を盛り上げた。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 同作は、累計発行部数680万部超を記録する夢枕獏の小説『陰陽師』シリーズが原作の呪術エンターテイメント。安倍晴明(山崎)が陰陽師になる前の知られざる学生時代を描いた、完全オリジナルストーリーが展開される。

 会場に登場するや、女性客が多数を占めた会場から、黄色い歓声を浴びた山崎。壇上でマイクを手にすると「嗣麻子監督のもと、染谷君とバディを組み、このチームで、新しい『陰陽師』を、新しい安倍晴明を演じることができて、本当に最高の時間でした」とあいさつ。観客に向けて「本当に皆さんに、圧倒的なスケールの『陰陽師』を早く見てもらいたいです」とアピール。

 本作について「やっぱり晴明と同じ気持ちになって、謎を追いかけていくというか、犯人は誰なのか、そういう目線で見るのは、やっぱりすごく入り込めると思う。あとは友情だったり、恋があったり、あとは映画としてものすごく、圧倒的なクオリティーで、映像体験としてものすごい。それを純粋に楽しんでもらいたいです」と話した。

 醍醐帝の孫・源博雅を演じた染谷も「終わるまで興奮して感動して、初めてこんなエンターテインメントを見ました」と話した。

 ジャパンプレミアには、奈緒、板垣李光人、國村隼、北村一輝、小林薫も出席した。

※山崎賢人の「崎」の正式表記はたつさき

次のページへ (2/2) 【写真】山崎賢人の全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください