三浦大輔監督、初愛車は「年俸と一緒くらい」の国産スポーツカー 現在は限定300台の超高級車

プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔監督が30日放送のBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(土曜午後9時)にゲスト出演する。

三浦大輔が『おぎやはぎの愛車遍歴』に出演【写真:(C)BS日テレ】
三浦大輔が『おぎやはぎの愛車遍歴』に出演【写真:(C)BS日テレ】

18歳になる前から教習所に通うほどのクルマ好き

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔監督が30日放送のBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(土曜午後9時)にゲスト出演する。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 開幕前とはいえ、現役のプロ野球監督というレアなゲスト。おぎやはぎの小木博明は「フロントも黙っちゃうんでしょうね? 怖いから」と、さっそく“ウェルカムいじり”。遠くから重低音の利いたエンジン音でさっそうと登場した三浦監督。その愛車は、通常価格の乗用車の数台分にも及ぶ超高級車。全国で限定300台という超レアカーで、小木からは「優勝よりこっちの方がうれしいでしょう?」と、再びいじりが飛んだ。

 1991年ドラフト6位で大洋(現DeNA)に入団。トレードマークのリーゼントヘアで、ハマの番長と呼ばれた。番組では、リーゼントにこだわる理由や、始めたきっかけも打ち明ける。現役時代は途中から、エースナンバーの背番号18に。監督の現在は81。背番号にまつわるエピソードや、18番への思いも明かす。

 クルマ好きで、18歳になる前から教習所に通うほど。球団のルールで20歳からと決められていた愛車所有も、「こそっと買って乗ってました」と、“プロ野球選手あるある?”なエピソードを披露した。

 初愛車は「年俸と一緒くらいでしたよ」という、なかなかいい値段のトヨタ・スープラ。「寮から1人で夜走りに行ったり。湘南の方に。(出身が)奈良県だったので、海の憧れが強くて」と明かすと、同じ奈良県出身の自動車ジャーナリスト・今井優杏も「分かります! 分かります!」と共感する。このクルマとは5年の時を過ごし、98年には日本一に。結婚し、長女も生まれるなど、成功と幸運を運んでくれた、忘れられない愛車となった。

 2台目の愛車は番組初登場のアメ車で、またしてもスポーツタイプ。「手放したくなかった」とお気に入りのクルマだったが、ある日、運転中に起きたトラブルから、手放す決意をすることに。番組では、同じ車種と再会。久々の乗り心地を体感する。しばらくして、「憧れがあった」という、プロ野球選手御用達のドイツ車に。ガルウイングが特徴的なクルマにも乗ったが、こちらもまた少し困った問題があった。

 とにかく目立つこと、人がやらないことをするのが好きだという三浦監督。2011年には現役プロ野球選手としては珍しい、JRA(日本中央競馬会)に馬主登録をする。その馬好きは家族にも影響を与えたという。愛娘の現在の職業に、おぎやはぎも驚きの声を上げる。

 21年、47歳でDeNAの1軍監督に就任。それと時を同じくして購入したのが、またしても超高級なイタリア車で、ブランド初のクロスオーバーSUV。最初に登場した愛車との2台持ちというゴージャスぶりだ。小木は「監督になってからの方が派手になってません?」矢作も「そんな簡単に買える車じゃないですよ?」と目を丸くする。

次のページへ (2/2) 【写真】『おぎやはぎの愛車遍歴』で披露された三浦大輔監督の“初愛車”
1 2
あなたの“気になる”を教えてください