宮迫博之、武道館で『ラヴ・イズ・オーヴァー』熱唱 カウアン・オカモトら出演の異色ライブは大盛況

無名の事務所主催による初となる日本武道館公演『GIOVANNI DREAM GIG』が6日に行なわれた。平日にもかかわらずたくさんのファンが会場に詰めかけた。

『GIOVANNI DREAM GIG』に出演した宮迫博之
『GIOVANNI DREAM GIG』に出演した宮迫博之

無名事務所主催の日本武道館公演『GIOVANNI DREAM GIG』が開催

 無名の事務所主催による初となる日本武道館公演『GIOVANNI DREAM GIG』が6日に行なわれた。平日にもかかわらずたくさんのファンが会場に詰めかけた。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 同公演の開催までには、並々ならぬ努力があった。なにせ主催は無名の事務所、そして、所属アーティストたちも誰一人として有名ではない路上アーティストだからだ。2022年9月28日に始動した“365日で日本武道館サポーターを1万5000人集めたら武道館を予約する」というプロジェクト。やっとの思いで勝ち取った武道館への切符だった。

 日本武道館公演当日が株式会社ジョバンニ、そして所属アーティスト「4年2組」「女子独身倶楽部」「-SETSUNA-」の快進撃の幕開けとなった。総勢9組の豪華ゲストが華を添えるライブとなった。

 スタートを飾ったのは、出演アーティスト総出の影アナ映像。開演時刻を迎えると、アーティスト全員がマルチ画面に映し出され「それでは、GIOVANNI DREAM GIG、スター、、、、」とザザっと映像が乱れ警鐘音が鳴る。場内がサイレンと赤い光に包まれる中、正面ビジョンにはAIの“ジョバンニ”、そして総合司会のYURI(結梨嘉望)がステージに登場。そして、「一緒に盛り上がって行くために最強の英雄たちを召喚しました!」とこの日、出演するアーティストたちが続々と紹介された。

 トップバッターは和音(ニギオト)合唱隊の総勢371人を引き連れて壮大なステージを見せた物部彩花だ。1階席のスタンドまでを使って会場を巻き込む合唱の迫力とそれに負けない物部の歌唱力が武道館に足を運んだファンを迎えた。

 2番手に登場したのは総フォロワー200万人超えの謎のアーティスト集団、六地蔵。「とにかく人を信じて行こうぜ、仲間集めじゃないか人生は」と呼びかけ、会場中のペンライトが左右に振られ盛り上がった。

 続いて六登場したのは-SETSUNA-。22年にデビューして、最短で武道館に立つアイドルとして堂々としたステージを見せた。「恨んでもいいですか?」と笑顔で歌うさまはなんとも異様な光景で、エンディングでは等身大の藁人形にナイフを突き刺すというパフォーマンスでしっかりと印象を残した。

 そして、暗転の中、「行けるか武道館ー!」と叫んで登場したのは虹色侍ずま。そして3部構成のイベントの1部のトリを飾るのはカウアン・オカモトだ。メッセージ性の強い楽曲で魂のこもったステージを披露した。

メッセージ性のある楽曲を披露したカウアン・オカモト
メッセージ性のある楽曲を披露したカウアン・オカモト

 第2部は、櫻庭露樹&小野マッチスタイル邪兄のトークセッションからスタート。その後に、4年2組が登場した。櫻庭のメッセージを受けアッパーな楽曲『全捨離』で会場を盛り上げた。2曲目の『Shake it!!』では櫻庭、小野を呼び込み全員で会場を盛り上げた。

 さらに、1部のトップバッターを飾った物部彩花 with 和音合唱隊が再登場し、再び圧巻のステージを披露した。

 続いて登場したのは人気YouTuberの宮迫博之だ。芸人やYouTuberのイメージが先行するが、楽曲が始まればそのイメージを払拭するほどの歌唱力。『ラヴ・イズ・オーヴァー』を熱唱してステージに観客の視線をくぎ付けにした。そして「過去に一世を風靡(ふうび)した楽曲を」と披露した2曲目はくずの『全てが僕の力になる!』。同曲では4年2組、女子独身倶楽部、-SETSUNA-のメンバーも一緒にステージに参加し盛り上げた。

 その後にステージに上がったのは元気の押し売りアイドル・リアルピース。ダンサー6人を引き連れ武道館のステージをあますところなく使い倒した。続いては、-SETSUNA-が再登場。テンポの速いナンバー『どうせ、匿名希望』などを披露し、2部のトリを飾った。

 いよいよラストブロックとなる3部の幕開け。トップバッターには数々の名作アニメの主人公を務めてきたパワフルシンガーの松本梨香だ。仮面ライダー主題歌で会場を盛り上げ、最後にはポケモン主題歌『めざせポケモンマスター』で待ってましたと言わんばかりの歓声を浴びた。

 終盤戦では、10年越しの武道館公演への思いを乗せ4年2組がパフォーマンス。コール&レスポンスで始まったステージは、ボルテージ最高潮で会場全体を引っ張っていった。1曲目が終わりMCになると、リーダーのかんごが「俺ら何ももってないけど、ずっと応援してくれていたクラスメイトがいたから続けることができ夢がかなえられた」「でも一番伝えたいのは、ここにいるあなたも夢をかなえることができる! それを伝えたかった」と夢の武道館への思いを語った。

 続いて、ステージを引き継いだのは女子独身倶楽部。武道館の舞台を4年2組とともに10年もの間目指し続けてきた。そんな思いをぶつけるべく女子独身倶楽部らしいステージを披露した。

 そして、ライブを締めくくるのは、オープニングから迫力のステージを披露した物部彩花と和音合唱隊のメンバーだった。ここまでに出演したアーティストたちの思いを全て受けて音楽に乗せるような、迫力のステージとパフォーマンスで2曲を披露し、大盛況の中で幕を閉じた。

◯出演アーティスト
4年2組/女子独身倶楽部/-SETSUNA-/松本梨香/宮迫博之/物部彩花 with 和音合唱隊/虹色侍ずま/カウアン・オカモト/六地蔵/リアルピース/櫻庭露樹/小野マッチスタイル邪兄/YURI(結梨嘉)

◯セットリスト
<第1部>
祈り(物部彩花 with 和音合唱隊)
ウィッシュ~この願い~(リプライズ)(物部彩花 with 和音合唱隊)
和の音(物部彩花 with 和音合唱隊)
道なき未知のストーリー(六地蔵)
恋叶~届くかな~(六地蔵)
恨んでもいいですか?(-SETSUNA-)
Stay Smile!!(-SETSUNA-)
逆光[Ado](虹色侍ずま)
不可幸力[Vaundy](虹色侍ずま)
The First(カウアン・オカモト)
My Soul(カウアン・オカモト)

<第2部>
トークセッション(櫻庭露樹&小野マッチスタイル邪兄)
全捨離(4年2組)
Shake it!!(4年2組)
Amazing Grace(物部彩花)
Magic #9(物部彩花 with 和音合唱隊)
ラヴ・イズ・オーヴァー[欧陽菲菲](宮迫博之)
全てが僕の力になる![くず](宮迫博之)
0(リアルピース)
ラッタ王国(リアルピース)
プリティボーイ(リアルピース)
どうせ、匿名希望(-SETSUNA-)
かくれんぼ(-SETSUNA-)

<第3部>
Alive A life(松本梨香)
めざせポケモンマスター(松本梨香)
バッター!!!! ビビってる!! ~さあ僕ら「勝ち方」を見つけよう~(4年2組)
ふたりぼっち(4年2組)
We as No.1(女子独身倶楽部)
清水寺(女子独身倶楽部)
いけないんだ(女子独身倶楽部)
尊尊がなしっ!!(女子独身倶楽部)
Stay with me~戦いの果てに(We are the one)~(物部彩花 with 和音合唱隊)
This Is Me(物部彩花 with 和音合唱隊)

次のページへ (2/2) 【写真】日本武道館公演『GIOVANNI DREAM GIG』の出演者ら豪華集合写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください