Snow Man佐久間大介、土屋太鳳のハプニングに“神フォロー” メガネ姿でイベント登壇

Snow Manの佐久間大介が17日、都内で行われた映画『マッチング』の感謝御礼舞台あいさつに、主演の土屋太鳳、内田英治監督とともに登壇した。女性ファンが大勢集まった会場にて、大ぶりのメガネにロングコートを合わせたコーディネートを披露した。

イベントに登壇した土屋太鳳(左)と佐久間大介【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇した土屋太鳳(左)と佐久間大介【写真:ENCOUNT編集部】

土屋太鳳も感謝「ありがとうございます!」

 Snow Manの佐久間大介が17日、都内で行われた映画『マッチング』の感謝御礼舞台あいさつに、主演の土屋太鳳、内田英治監督とともに登壇した。女性ファンが大勢集まった会場にて、大ぶりのメガネにロングコートを合わせたコーディネートを披露した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 イベント冒頭、土屋が壇上でイヤリングを落とすハプニングが発生。佐久間はすかさず「厄落としになりましたね、今ね!!」とにこやかにフォロー。佐久間の機転をきかせた紳士な気遣いに、土屋は「ありがとうございます!」と感謝した。

 また、本作はこれまで多数のPRイベントを開催。土屋から「最初の舞台あいさつより、髪伸びましたよね?」とたずねられて佐久間は大笑い。「そうね! 黒の比率がだいぶ長くなったね! ハハハ!」と認めた。

 会場では、本イベントにちなんで、佐久間、土屋らが感謝の手紙も読み上げた。

 同作は、『ミッドナイトスワン』(2020年)などの内田英治監督が原作・脚本・監督を手がけた新感覚サスペンス・スリラー。マッチングアプリによって増えた“出会い”の裏に仕掛けられた恐怖を描く。累計動員は約50万人、興行収入は7億円を記録(3月15日時点)。佐久間は、土屋演じる主人公・輪花とアプリでマッチングする狂気のストーカー・永山吐夢を演じた。

次のページへ (2/2) 【写真】佐久間大介の全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください