宮世琉弥、胸キュン要求の嵐に「腰が痛い」 観客に投げキスでファンからは大歓声

俳優の宮世琉弥が17日、都内で行われた『恋わずらいのエリー』公開記念!りゅびつな舞台挨拶に綱啓永と共に登壇。息の合ったコンビネーションで会場を胸キュンさせた。

イベントに登場した宮世琉弥【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登場した宮世琉弥【写真:ENCOUNT編集部】

綱啓永との共演に「すごく安心感」

 俳優の宮世琉弥が17日、都内で行われた『恋わずらいのエリー』公開記念!りゅびつな舞台挨拶に綱啓永と共に登壇。息の合ったコンビネーションで会場を胸キュンさせた。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 本作は、累計発行部数210万部突破の藤ももによる大人気少女コミックを実写映画化。表の顔は学校イチのさわやか王子だが、実は口の悪いウラオモテ男子のオミくん(宮世)と、オミくんを眺めながら彼との妄想をSNS上でつぶやくエリー(原菜乃華)との恋模様を描いたノンストップ・ミラクルラブストーリー。

 宮世と綱は、2022年に放送されたTBS系連続ドラマ『君の花になる』についで2度目の共演。宮世は「仲間とか家族という感じだったので、再会して『うわー』というより『ウェイ!』という感じ」と独特の関係性を明かすと、「2度目なのですごく安心感があって芝居がやりやすかった」と感想を述べた。

 この日は“りゅびつな”コンビとして春らしいパステルカラーのリンクコーデで登場すると、ノンストップ・ミラクルラブストーリーである本作にちなみ、胸キュンワードしばりのしりとりゲームで対戦。対決は宮世が勝利をおさめたため綱が罰ゲームで胸キュンセリフを披露したが、会場のリクエストで宮世にも胸キュンの要求が。宮世は苦笑いを浮かべつつも、キリっとした表情で投げキスを向けると、客席からは悲鳴に近い歓声があがっていた。

 映画が公開したことで「ここ何日間、ずっと舞台あいさつで胸キュンをやっていたので、腰が痛いんです」と宮世は嘆きつつも、この日も終始会場を胸キュンさせていた。

次のページへ (2/2) 【写真】恋エリーポーズも披露“りゅびつな”の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください