斉藤由貴、共演者から“変な人”扱い「そういうの、抱えて生きています」 佐藤二朗と最多票を獲得

俳優の斉藤由貴が15日、都内で行われた映画『変な家』の初日舞台あいさつに間宮祥太朗、佐藤二朗、川栄李奈、瀧本美織、石川淳一監督とともに出席した。

舞台あいさつに出席した斉藤由貴【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに出席した斉藤由貴【写真:ENCOUNT編集部】

「誰が変な人か?」を指差しするトークコーナーで佐藤二朗と並ぶ2票を獲得

 俳優の斉藤由貴が15日、都内で行われた映画『変な家』の初日舞台あいさつに間宮祥太朗、佐藤二朗、川栄李奈、瀧本美織、石川淳一監督とともに出席した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 タイトルにかけて「誰が変な人か?」を指差しするトークコーナーがあり、斉藤は佐藤と並ぶ2票を獲得。斉藤を選んだ川栄が「ここが変だよねってことではなく、いい意味でちょっと変だなって。不思議な空気感があるなって思っていて」と理由を明かすと、「川栄さんに言ってもらえるならそれでいい」と薄くほほ笑み。

 佐藤とともに最多票を集めたため「MVH」(変な人=Most Valuable HEN、略して MVH)の称号を授けられた。佐藤は「受賞コメントなんてない」と納得できない表情だったが、斉藤は「もういいです。そういうの、抱えて生きていますから。小さいころから『変だな』ってことがここらへんにずっとくっついているから、それでいいです」と達観していた。

 一方、間宮が「変な人」としたのは瀧本で、「僕らが狭い空間に閉じ込められているシーンで、瀧本さんだけが1人で何が面白いのか分からないけど、ツボに入って笑ってNGを出していた」と告白。佐藤も「まったく笑うシーンじゃなく、むしろシビアなシーン。あれははっきり言ってホラーだった」と指摘した。瀧本は撮影を振り返り「何が面白かったんでしょうね?」と他人事のようにコメントし、佐藤から「知るか」とツッコミを受けていた。

 YouTubeで総再生回数1600万回を突破し、書籍も発売された、覆面YouTuberでホラー作家・雨穴(うけつ)氏による『変な家』。一見普通の家の間取りに見えるが、注意深く見ると違和感が浮かび上がり、そこから驚がくの真実が明らかになっていく。

 佐藤とともにダブル主演を務めた間宮は、「ネタバレのためしゃべれないことも多くて、完成披露もしなかった。秘めに秘めてきた映画をついに見ていただけて、とてもうれしく思っています」と封切りを喜んだ。

次のページへ (2/2) 【写真】映画『変な家』初日舞台あいさつの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください